プレゼントを渡したときの反応で分かる!男性のこの反応は脈あり?脈なし?

男性にプレゼントを渡す機会はたくさんあります。
誕生日・クリスマス・バレンタインなどのイベント時や、お祝いごとがあったときなどに、感謝の気持ちや好意を込めてプレゼントをした経験はあるでしょう。
渡した男性の反応から、脈ありか脈なしかの判断ができれば、女性は次の行動をしやすくなるはずです。

 

プレゼントを渡したときに男性がこの反応なら脈あり!

好意を抱いている相手からプレゼントを受け取ったら、誰でも嬉しいものです。
プレゼントを渡したときに、男性がこのような反応をしてくれたら、脈ありだと判断することができます。

 

プレゼントの感想や感謝の言葉をLINEでも伝えてくる

プレゼントを渡した後で、男性から感想や感謝の言葉がLINEで送られてきたら、それは脈ありです。
脈ありの女性からプレゼントを渡されたことが、男性にとっては嬉しくて仕方ありません。ですので、プレゼントの感想をすぐに伝えたくなったり、何度も感謝の言葉を伝えてきます。
子供が欲しかった物を与えられると、すごく喜んでくれますよね?それと同じ感覚だと思ってください。
ただ子供と違うのは、男性にとってはプレゼントの中身よりも、脈ありの女性がくれたという事実の方が重要!
ですので、何度も感謝を伝えたり感想を聞かせてくるのです。
また、LINEで連絡をするきっかけとして利用をしている場合もあるでしょう。何も用事がないのにLINEをするのは…と思ってしまう男性もいるのです。つまり、プレゼントが連絡をする口実になる!
どちらの理由からでも、男性の行動は脈ありだからする行動になります。
プレゼントを渡した後で、男性から感想や感謝の言葉がLINEで送られてきたら、脈ありだと判断できるのです。

プレゼントを渡した直後から目が合わない

プレゼントを渡した直後から、男性と目が合わなくなったら、それは脈ありです。
脈ありの女性からプレゼントをもらったことが恥ずかしくて、目を合わすことができなくなってしまいます。つまり、照れてしまったということでしょう。
普段は目を合わせて会話をする男性がこのような態度になったら、ほぼ確実!
女性の中には、急に男性と目が合わなくなると、プレゼントが気に入らないのかなと勘違いをしてしまう場合もあるでしょう。
しかし、そんなことはありません。男性が照れているだけなのです。
脈ありの相手からプレゼントをもらうと、照れてしまう人もいます。
照れてしまうのは、女性が自分のために選んでくれた・脈ありの女性に自分の存在を認めてもらえたという喜びの感情からでしょう。
ですので、プレゼントを渡した直後から男性と目が合わなくなったら、それは脈ありと判断することができるのです。

声のトーンが高くなる

プレゼントを渡した後で、男性の声のトーンが高くなったら脈ありです。
男性が嬉しいと思っているから、自然と声のトーンが高くなってしまいます。声のトーンというのは、自分の感情を表してしまうもの!
また、表情はポーカーフェイスで隠せたとしても、声は無意識で高くなってしまうのです。
ですので、男性の声のトーンが高くなっていたら、それは脈ありだと判断できます。

プレゼントを渡したときの脈なし男性の反応

脈ありの男性の反応について触れてきましたが、中には脈なしの男性もいるでしょう。
プレゼントを渡したときに、男性がこのような反応だった場合には、脈なしと判断することができます。

 

「なんでくれたの?」と聞いてくる

プレゼントを渡したときに、男性から「なんでくれたの?」と聞かれたら、それは脈なしになります。
どうして女性がプレゼントをくれたのかが理解できていないのです。
脈ありの場合には、自分が好意を抱いている女性からのプレゼントは、手放しで喜んでしまうものでしょう。
反対に脈なしの場合には、もらう理由が必要になります。これは女性でも同じ感覚のはずです。どうして自分にプレゼントをくれるんだろうと思ってしまいませんか?
そして同時に、理由によっては受け取らない方が良いかも…と考えます。ですので脈なしの場合には、プレゼントを受け取る前に、理由を聞かれてしまうのです。

お礼しか言われない

プレゼントを渡したときに、お礼しか言われない場合には脈なしです。
脈なしでもお礼を言うのは、あくまでも社交辞令になります。例えば、お世話になってるからという理由からプレゼントを渡す場合もありますよね?
その行為をするのも、一種の社交辞令でしょう。つまり、渡す側ともらう側の立場だというだけなのです。
仮に女性が脈ありの場合でも、男性がお礼しか言わないなら、それは社交辞令で言っているだけ!社交辞令でお礼を言うのですから、男性は当然脈なしと判断することができます。

会話が続かない

プレゼントを渡したときに、男性との会話が続かない場合には脈なしです。
脈ありの場合には、プレゼントが会話をするきっかけになりますが、脈なしの場合には、会話をしたいと思っていません。
ですので、会話が続かなくなってしまいます。性別に関係なく、脈なしの相手とは、会話をする話題探しにも苦労をする場合があるでしょう。
相手に興味がありませんので、話題を探すなどの行動をしないからです。つまり、脈なしだからプレゼントが会話のきっかけにならないということになります。
プレゼントを渡したときに、男性との会話が続かなくなったら、それは脈なしだと判断できるのです。

男性からのお返しで分かる脈ありパターン

プレゼントに対する男性からのお返しでも、脈ありか判断することができます。
男性からこのようなパターンでお返しをされたら、脈ありだと判断できるのです。

高価なお返し

プレゼントに対する男性からのお返しが、高価なお返しだった場合には脈ありです。
女性への好意が、そのままお返しの金額と比例しています。ですが高価なお返しといっても、プレゼントの金額に対して高価なお返しという意味!
例えば、プレゼントの金額が1,000円程度だったら、お返しが5,000円とかのレベルです。
ブランドのバックなどの高価なお返しではなく、高級なお菓子とか、普段は入手困難な物とか…そういうアイテムがありますよね?
何時間も並ばないと買えない物なども、お返しとしては高価だといえるでしょう。
お返しを渡すために、男性がかけた時間やお金を総合的に考えて高価だった場合には、脈ありだと判断できます。

2人きりで渡される

プレゼントに対する男性からのお返しを、2人きりで渡されたら脈ありです。
2人きりで会う口実として、プレゼントのお返しを利用しています。
脈なしの相手に渡す場合には、周りに人がいても関係ありません。ただお返しを渡すだけなのですから…。
ですが、脈ありの相手に渡す場合には、デートの口実として使う場合が多いでしょう。また、お返しを渡すことを、距離を詰めるきっかけにする場合もあります。
ですので、プレゼントのお返しを渡すときに、2人きりで渡されたら脈ありだと判断することができるのです。

 

まとめ

男性にプレゼントを渡すときには、脈ありか脈なしかを判断することができます。
男性の反応が、照れている様子だったり、LINEなどで感想を伝えてくる場合には脈ありでしょう。
反対に、社交辞令でお礼を言うだけや、どうして?と理由を聞かれる場合には脈なしです。
また、プレゼントに対する男性からのお返しでも脈ありを判断することができます。
脈ありの場合には、高価なお返しだったり、2人きりのときに渡されるなどがあるのです。プレゼント1つでも、男性が脈ありかを確認できますので、反応をきちんと確認するようにしましょう。

 

気になったらシェア♪