キャベツダイエット

キャベツを食べて痩せる「キャベツダイエット」ってご存じですか?
キャベツには、食べることによって食事量を減らすことが出来、便秘解消などの効果が期待されています。
ここ最近寒くなってきて中々運動でのダイエットが行きづらくなっている方もいるかと思いますが、食事でダイエットを検討されている方は是非ご覧になってみてください!
では、キャベツダイエットについて解説していきます。



キャベツがダイエットに向いている理由とは?

キャベツは以下の3点が主にダイエットに向いている理由です。

低カロリーで満腹感がある

キャベツは生の状態で100g約23Calしかなく、低カロリーな野菜です。
100gでもかなりのボリュームがあり且つ歯ごたえがあるので、しっかり噛んで食べることによって満腹感を得ることが出来ます。
そのため、食べ過ぎの防止や小腹が空いての間食の回数を減らせることが出来るので、ダイエット効果を上げることが出来ます。
サラダの具材やキャベツ千切りなどにして食べるのが、調理の手間も掛からないのでオススメです。

便秘解消に効果がある

キャベツには働きの異なる「不溶性」「水溶性」も食物繊維が含まれています。
キャベツには100gで1.8gの食物繊維が含まれており、内1.4gが不溶性になります。
不溶性食物繊維は水に溶けにくいため、水分を吸収して便のカサを増やることで腸を刺激し排便を促すため、便秘解消の効果が期待されます。
また、不溶性食物繊維は有害物質を吸着し、便と一緒に体外に出してくれるので腸内環境をきれいにして大腸がんにリスクを軽減する効果もあります。

 

むくみ防止になる

体重が減っても、むくみで見た目が細くなっていないというのはダイエットやっていても辛いですよね。
むくみの原因の一つに塩分の過剰摂取がありますが、主食のご飯やパンの代わりにおかずを増えるので、調味料や食材からの気づかない内に塩分を摂りすぎていることあります。
キャベツには塩分を体外に出してくれる効果のある「カリウム」が多く含まれているので、塩分の摂りすぎ防止の効果も期待できます。

 

ダイエット中にオススメなキャベツの食べ方は?

ただキャベツを食べるだけでは飽きてしまいますよね。そこで、オススメなキャベツの食べ方と注意点をご紹介します。

 

オススメの調理法1「さっと茹でる」

生のままだと固く食べにくいと感じる方は、さっと茹でで食べるのがオススメです。茹でることにより、3点のメリットがあります。

➀柔らかくなり食べやすくなる
茹でることで、キャベツが柔らかくなり食べやすくなります。固いものが苦手な方はオススメです。

②美味しくなる
キャベツは茹でると青臭さが減り、甘味が増します。この甘味は、キャベツに含まれているオリゴ糖です。
オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養になるので、腸内環境を良くするのに役立ちます。

③農薬や雑菌を除去できる
キャベツは土に触れて育つので、そこで雑菌や汚れが付着しやすくなります。害虫対策に農薬を散布されています。そのため湯通しすることで多くの有害物質を取り除くことが出来ます。

 

オススメの調理法2「酢に漬ける」

お酢には、クエン酸、アミノ酸が含まれており「脂肪燃焼効果UP」「内臓脂肪を燃やす」効果があります。
キャベツをお酢に漬けることによって、1品簡単におかずが出来る点、日持ちが2~3週間ほど持つので作り置きすれば調理の手間の削減できるのでオススメです。

 

1日に食べる量の目安は100gまで

全ての食材において言えますが、過剰摂取は体に悪影響が出てしまいますので、100gを目安に食べるのがいいでしょう。
キャベツも食べ過ぎてしまう下記のようなデメリットがあるので、注意しましょう。

➀便秘になる
キャベツに含まれる不溶性食物繊維は食べ過ぎると便が増えすぎて詰まってしまいます。不溶性食物繊維は水分に吸収しやすく、排便されない便は硬くなってしまい中々排便されない状態になります。

②調理料による塩分やカロリーの摂り過ぎ
キャベツを食べる時はドレッシングやソースなどで味付けして食べると思いますが、食べる度に使用してしまうと気づかぬ内に過剰な塩分やカロリーを摂ってしまいがちです。

 

ダイエットにオススメのキャベツレシピ3選

ダイエットにオススメのヘルシーレシピを紹介します。

 

おからパウダー入りお好み焼き

引用:https://www.satonoyuki.co.jp/recipe/291/ さとの雪食品株式会社様

材料(2枚分)
おからパウダー・・・20g
小麦粉・・・・・・・80g
やまいも・・・・・・50g
水・・・・・・・・・155g
白だし・・・・・・・45g(大さじ3)
キャベツ・・・・・・150g~180g(みじん切り)
卵・・・・・・・・・2個
豚バラ肉・・・・・・6枚
天かす・・・・・・・20g
刻みねぎ・・・・・・10g
紅しょうが・・・・・6g

作り方
➀すりおろしたやまいも50gに水と白だしを加えて泡立てる。
②1に小麦粉とおからパウダーを加えて混ぜる(ダマが残っていてもOK)
③焼く直前に2の半量(157g)、キャベツ80g、卵、天かす、刻みねぎ、紅しょうがを加えてさっくりまぜる。(可能であれば2とキャベツを混ぜたまま放置しない)
④鉄板を200℃で生地を入れ、中火3分焼く。
⑤豚バラをのせて、ひっくり返しふたをして中火で4分焼く。
⑥ふたをはずしてひっくり返し、2分焼く。

レシピ引用:https://www.satonoyuki.co.jp/recipe/291/ さとの雪食品株式会社様

 

キャベツとしめじの豆乳味噌スープ

引用:https://cookpad.com/recipe/5852974 クックパッド ☆じゃむちゃん☆様のレシピ

材料
水・・・・・・・・100cc
和風顆粒出汁・・・小さじ1/2
味噌・・・・・・・大さじ1~1.5
無調整豆乳・・・・200cc
キャベツ・・・・・2枚
しめじ・・・・・・1/3袋

作り方
➀しめじは石づきをとり、キャベツは一口サイズに切る。
②水に顆粒だしを入れて、沸騰させ、しめじとキャベツを煮る。
③キャベツがしんなりしてきたら、豆乳をいれて温める。
④沸騰寸前で火を止め、味噌をときいれてる。

レシピ引用:https://cookpad.com/recipe/5852974 クックパッド ☆じゃむちゃん☆様のレシピ

 

 肉巻きキャベツのチーズとんかつ

引用:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690016255/ 楽天レシピ JHEHI様のレシピ

材料
キャベツ・・・・150g
塩・・・・・・・小さじ1/2
豚ロース肉・・・・10枚
塩コショウ・・・・少々
粒マスタード・・・・小さじ3
とろけるチーズ・・・75g
小麦粉・・・・・・・50g
溶き卵・・・・・・50g
パン粉・・・・・・60g

作り方
➀キャベツを塩揉みして5分後に絞る
②豚ロースに塩胡椒をしマスタードを塗る。キャベツとチーズを乗せて巻く(1個)
③②を小麦粉⇒溶き卵⇒パン粉の順につけて180℃の油で揚げる。

レシピ引用:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690016255/ 楽天レシピ JHEHI様のレシピ

 

まとめ

ここまでキャベツダイエットについて解説させて頂きましたが、継続できそうなイメージは付きましたでしょうか。
ダイエットで一番大切なのは正しい方法で継続して行うことです。キャベツはスーパーで手軽に買えるので、すぐにダイエットを実施できます。
またダイエットで一番大切なことは正しい方法で継続することです。茹でたり、漬けるのが面倒という方はレンジで少し温めて温野菜として食べるのがオススメですよ。
健康に痩せるために日々の食事にキャベツを取り入れてみましょう。



気になったらシェア♪