キムチダイエット

キムチがダイエットにオススメな食材って知っていますか?
以前、深田恭子さんがキムチで10㎏以上痩せたということで注目されましたが、本当に痩せるのか疑問があると思います。
そこで今回はキムチがダイエットにオススメな理由や正しいダイエット方法を解説していきます。


キムチがダイエットに良い理由!含まれる栄養素は?

キムチは100gあたり約45gしかないためヘルシーな食べ物です。さらにダイエットに良い栄養素が含まれているので解説していきます。

乳酸菌

キムチは発酵食品なので、乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌には腸内環境を整える効果と悪い毒素を体外に出す効果があるため、便秘解消や美肌効果などが期待されます。
さらにヨーグルトよりも乳酸菌が多いため、ヨーグルトより手軽に乳酸菌を摂れるのがいいですね。

カプサイシン

よく辛いものを食べると体が熱くなりますよね。それがカプサイシンの効果で「発汗作用」があります。体が熱くなると「体温が上がり、基礎代謝が上がります。」それにより脂肪燃焼の効率が上がるのでダイエットには最適な栄養素です。
また体温は1度上がると基礎代謝が約13%も上がるので、体を温める栄養素を摂るだけでも十分なダイエットになります。

豊富なビタミン

キムチは食材を加熱せず発酵するので、材料になる白菜や大根などの栄養素を壊さず摂ることが出来ます。特に材料にある根菜にはビタミンB1、B2など代謝を助ける栄養素が含まれているため、ダイエットに必要な栄養素を無駄なく摂ることが出来ます。
また、唐辛子に含まれるビタミンEは抗酸化作用や疲労回復に効果があるので、生活習慣病の予防などの効果もあるので、ダイエット以外の効果もあるのはいいですね。

キムチダイエットの効果的なやり方は?

キムチがダイエットにオススメな理由を書いてきましたが、具体的にどのようにダイエットをすればいいのかを解説していきます。

キムチを1日に食べる量は?

多くても1日50gがベストです。50gの目安は小皿1杯分ほどで約23カロリーほどです。
キムチはダイエット効果がある食材ですが、漬物は基本的に塩分を多く含んでいるので、食べ過ぎると塩分を過剰摂取になり生活習慣病の要因になってしまうので注意しましょう。

キムチを食べる時間は?

朝と夜がオススメです。朝に食べるとカプサイシンの効果で基礎代謝が上がり、朝から脂肪燃焼効果を上げることが出来ます。
臭いが気になる方は消臭効果のある緑茶や梅干しなどを一緒に摂るのがオススメです。
疲労回復効果があるので夜にキムチを食べて寝れば、疲れが取れやすくなる効果が期待できます。また夜に食べると乳酸菌が寝ている間に腸内環境を整えてくれるので、朝から快便が期待できます。

 『自然発酵キムチ』を選ぶ

スーパーに置いてあるキムチはキムチ味の調味料に野菜を漬けているだけの物あり発酵させていない書遺品もあります。
発酵しているかどうかで乳酸菌の量など栄養素に大きく違いが出てくるので、自然発酵したものを選びましょう。

自然発酵しているキムチの見分け方2点あり
1点目は、原材料に着色料などの添加物が使用されておらずシンプルなものであるもの
2点目は、キムチくんマークがついている商品です。キムチくんマークとは、韓国政府が発行している発酵キムチを証明するマークです。このマークがついているものは必ず発酵しているので、それを目印に選んでいきましょう。

 

キムチダイエットにオススメのレシピ3選

キムチを美味しく食べられて、簡単に出来るレシピをまとめましたのでご紹介します。

おつまみ納豆キムチ

引用:https://cookpad.com/recipe/6804155クックパッド参照

材料(2人分)
・納豆、1パック
・本枝おいしいキムチ、30g
・ねぎ、3㎝
・アマニオイル、各小さじ1
・白ごま、少々

作り方
1.納豆にキムチ、ねぎ、アマニオイル付属のたれをかけ、白ごまをふったら完成

ダシダで作る♪簡単キムチスープ

引用:https://cookpad.com/recipe/6933854 クックパッド n♡t♡s♡k のキッチン様参照

材料(1人分)
・水、200ml
・ダシダ、小さじ1
・にんにく、好きなだけ
・砂糖、小さじ1/4
・しょうゆ、小さじ1弱
・コチュジャン、小さじ1/2~1
・好きな具材(豆腐、トック、キムチ、水餃子、春雨、ウインナー。平手天など)

作り方
1.鍋に水、ダシダ、にんにく、砂糖、しょうゆ、コチュジャンを入れて火をつける
2.コチュジャン、ダシダが解けたら残りの材料を全部入れる
3.沸騰したら完成

レンジで超簡単♪ボリュームUP豚キムチ

引用:https://cookpad.com/recipe/6987897 クックパット、星空777様

材料(4人分)
・豚こま肉、150g
・キムチ、150g
・もやし、半袋
・長ネギの青い部分 30㎝分
・香味ペースト、10㎝
・しょうゆ、大さじ2

作り方
1.キッチンバサミでねぎは輪切り、豚肉は一口大に切っておきます。
2.耐熱ボールにもやし、ねぎ、豚肉、キムチの順に重ね、ラップをしてレンジで800W4分加熱。加熱後、水分を除去します。
3.耐熱ボールへ香味パースと、しょうゆを加え、全体をスプーンで混ぜ合わせます。ラップをしてレンジで再び800Wで3分加熱して完成。
4.加熱後、味見してしょうゆで調整してください。

まとめ

ここまでキムチダイエットの解説をさせて頂きましたが、キムチには低コストで手軽にダイエットをできる食品なのでオススメです。
全ての食材に言えることですが、過剰摂取は体に影響が出てしまいますので、注意しましょう。

ダイエットが成功する秘訣は正しい方法で継続して行うことなので、成果が出るまで継続していきましょう。こちらの解説で少しでもキムチダイエットを知って頂けたなら幸いです。


 

気になったらシェア♪