絶対に参加した方がいい!ペアーズの「コミュニティ」について解説

今ではマッチングアプリで恋活や婚活をするのは、もう一般的になってきましたよね。
特に人気があるのは、国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」です。
ペアーズを実際利用してみると人気のアプリだけに、利用者数や機能が多くて使い方に悩んでしまうこともしばしば・・・
今回は「ペアーズで効率的に出会う方法はないの?」「ペアーズのコミュニティって何?」という疑問をお持ちの方の為にペアーズのコミュニティを使った、効率的なマッチングの仕方をご紹介。
また、「これをするとマッチングしにくくなる!」と言ったコミュニティ利用の注意点もご紹介しますので、最後までお読みください。



ペアーズのコミュニティとは

ペアーズのコミュニティ機能とは、自分の趣味や好きなもののコミュニティに参加することによって、お相手に自分の価値観をアピールする機能です。具体的に説明していきますね!

ペアーズコミュニティとは

実際の出会いのでも「私も犬が大好きなの!」や「僕も山登りが趣味!」と言った、趣味の共通点があると会話が盛り上がって、お付き合いにつながる可能性が高くなりますよね?
このコミュニティに参加することによって、「自分はどういう価値観を持っている人なのか」ということを相手に知ってもらうことができます。

沢山の人が利用している王道のコミュニティは「旅行」や「映画」「英会話」「ドライブ」などです。これらのコミュにティは誰しもが経験したことがあるものなので、多くの人との話題作りに効果的ですね!

コミュニティへの参加の仕方

それでは、実際にどう使えばいいのでしょうか?

iPhoneアプリ・Androidアプリ・ブラウザ版(スマートフォン)の場合

1.画面下の「メニュー」をタップ
2.「コミュニティ」をタップ
3.参加したいコミュニティの「参加」をタップ
4.「参加中」になったら完了です

ブラウザ版(PC)

1.画面左の「コミュニティ」を選択
2.参加したいコミュニティの「このコミュニティに参加する」を選択
3.「参加中」になったら完了です

ペアーズコミュニティに参加するべき理由

ペアーズに登録するのって正直、面倒くさくありませんか?
プロフィールを入力して、プロフィール画像も自分だけの顔のものじゃないとダメだたりとか。
そんなに面倒臭いのに、「コミュニティまで登録した方がいいの?」そう思う方も少なくないと思います。
ここではなぜ、コミュニティに参加した方がいいのかその理由をご説明します。

自分の人物像のアピールになる

アプリ上だと、どうしても実際に会うわけではないので、どんな人なのかわかりにくいですよね?そこを不安に感じるユーザーも多くいると思います。
その不安を解消するために、コミュニティに参加して、「どんな趣味があるのか」「どんなことが好きなのか」を開示することで、その人をよく知ることができます。

AIが「相性」を提示してくれる

ペアーズを使っていると「相性」を教えてくれうる機能を目にします。これはAIが検出してくれているもので、出身地、年齢など相手と自分の情報を踏まえて、掲示してくれているもの。
この「相性」は、実はこの参加コミュニティの情報も加味してくれているのです。
そのため、コミュニティに参加した方が、より相性のいいお相手に出会う確率が高くなるのです。

コミュニティに関してNG行為

自分のアピールができるので、便利なコミュニティですが、逆にマッチングの数を減らしてしまうNG行為もあります。出会いの数を減らさない為にも、こちらはしっかり抑えておきましょう。

コミュティに入りすぎもよくない

コミュティに入りすぎもよくないと言うのをご存知ですか?
コミュティ参加数の上限はないものの、多すぎるとあなたの人物像がぼやけてしまうからです。
せっかくアピールのために入っているコミュニティなのに、マイナスに働いては残念ですよね。
それでは実際、何個ぐらいがいいのでしょうか?ペアーズ公式の見解でこ20個前後だそうです。

また、コミュニティをきっかけにマッチングすることもありますから、少なすぎも良くありません。
そのため、入るコミュニティは20個から30個くらいが望ましいでしょう。

入らない方がいいコミュニティ

ペアーズのコミュニティはどんどん増えて行くため、把握できないほどの数があります。
その中には、出会いにプラスに働かないものもありますので、注意して参加しましょう。
それは実際にどう言ったコミュニティは避けた方がいいのでしょうか?

ネガティブな印象を与える系

大多数の人が恋人探しをしているペアーズ。
ネガティブな印象がつくコミュニティは避けましょう。
具体的には「犯罪系」「ギャンブル系」です。
あえて「前科持ち」がついている人を選ぶ人はいませんよね?

相手を限定する系

見た目などの好みを示すことで、相手を限定してしまう様なコミュニティは避けましょう。
例えば「ハーフ顔好き」「外国人好き」
これを見るとお相手は「私ハーフ顔じゃないし」「面食いか」などと謙遜してしまうかもしれません。

ネットワークビジネス系

ネットワークビジネスが悪いわけではありませんが、ネットワークビジネスで嫌な経験をしている人も結構います。
そう言う人に悪い印象を与えないためにも、ネットワークビジネス関連のコミュニティに参加するのはやめましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ペアーズのコミュニティは、相性の合う相手とマッチングするためには、とても便利な機能でしたね!さまざまな機能のある、ペアーズ。
それぞれの機能を理解して、自分にぴったりな人とマッチングいしていきましょう!



 

 

気になったらシェア♪