ダイエット中にお酒は飲んでもいい?お酒を飲んでもダイエットはできます!

「ダイエット中だけどお酒が飲みたい!」そんな時ありませんか?
ダイエットをしているとはいえ、仕事で疲れた時やストレスがたまってくるとお酒が飲みたくなることありますよね。
今回はそんな方のためにお酒が太る原因やダイエット中にさけたほうがいいお酒、ダイエット中のお酒の飲み方のポイントについてお話しします。
この記事を見ればダイエット中のお酒との付き合い方についてきっと理解できますよ。

 



お酒を飲むと太るのはなぜ?

ダイエットをしていると「お酒は太る」と言われていますよね。まず最初はお酒がなぜ太るのかについてご紹介します。

代謝が落ちるから

まずひとつめの理由は「代謝が落ちるから」です。お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解されます。アルコールは体にとって「不要なもの」なので体内に入ると食べたものよりも優先的に分解される仕組みになっているので、代謝できなかったエネルギーが脂肪として蓄積してしまうのです。

糖質が体内に脂肪として蓄えられるから

お酒には糖質が多く含まれています。先ほどの代謝のお話でもご紹介しましたが、お酒に含まれるアルコールは体内に入ると優先的に分解されるため、お酒とともに食事から摂取した糖質や脂質の分解が後回しになってしまい、代謝しきれなかった糖質や脂肪が脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。

食が進み、過剰にカロリー摂取してしまうから

お酒を飲む際に注意したいのが「おつまみ」。お酒を飲むとついつい何か食べたくなってしまいますよね。実はお酒には食欲増進作用があって、カロリーを過剰に摂取してしまいがちなんです。
おつまみにも糖質や脂質が含まれているものが多くありますよね。お酒を飲む際にはおつまみのカロリーにも注意してください。

 

ダイエット中に避けたいお酒は?

ダイエット中にお酒はダメなの?いいえ、そんなことはありません。飲むお酒に気を付ければ大丈夫です。続いてはダイエット中に避けた方がよいお酒をご紹介します。

ビール

ビールは太りやすいお酒として有名ですよね。ビールのカロリーは100mlあたり39kcalですが、炭水化物(糖質)が3.1g含まれています。
脂質やたんぱく質はほぼゼロなので、ビールのほぼすべてが糖質でできているんです。ビールはアルコール度数が低いため多量に飲んでしまいがち。
さらにビールに含まれる炭酸やホップは食欲増進作用があるため、ついついおつまみなどをたくさん食べてしまうんです。ダイエット中は0カロリーや糖質ゼロのビールを飲むようにしましょう。

甘味料(糖類)が入った酎ハイなど

チューハイやカクテル、マッコリなど甘いお酒にも糖類が多く含まれています。甘いお酒は飲みやすく大量に飲んでしまいがちです。
ダイエット中はなるべく飲まないのが理想ですが、いきなりやめられないという人は本数や飲む頻度を減らすところから始めていきましょう。

 

ダイエット中、お酒の飲み方のポイントは?

最後にダイエット中のお酒の飲み方のポイントをご紹介します。このポイントを押さえていればお酒を我慢することなくダイエットすることができます。

カロリーよりも糖質量に気をつける

お酒が太る原因でもお話ししましたが、お酒で太るのはカロリーよりも糖質が代謝されずに体内に脂肪として蓄積してしまうことが原因。
なのでダイエット中は糖質量に気を付けてお酒を選ぶことが大切です。お酒には「醸造酒」と「蒸留酒」の2種類があります。
醸造酒は穀類や果物などを発酵させて作ったお酒のことで、ビールやワイン、日本酒などが当てはまります。蒸留酒は醸造酒を蒸留して作ったお酒のことで、ウイスキー、焼酎、ブランデー、テキーラ、ジン、泡盛などが当てはまります。
ダイエット中はなるべく蒸留酒を飲むのが好ましいですが、どうしてもビールやチューハイが飲みたくなる時もありますよね。そんな時は糖質オフのものを飲むようにしてください。

お酒を飲む量に注意

いくら糖質の少ないお酒を飲んでも、飲みすぎは良くありません。お酒には食欲増進作用があるので、たくさん飲むとその分ついついおつまみも食べてしまいますし食べる量も増えてしまいますよね。
おつまみには糖質や脂質、塩分が多く含まれているので太ってしまう原因となります。お酒を飲むとついおつまみが食べたくなってしまう方はお酒を飲む量自体を減らして、しっかり食事で満腹感を得られるようにしましょう。

糖質、脂質を控え、たんぱく質を摂る

糖質をオフしたお酒を飲んでいる場合はどちらかというとおつまみで太ってしまうことが多いので、お酒のおともにおつまみを食べる場合は栄養成分を気にして選ぶようにしましょう。
おすすめなのがたんぱく質豊富な魚、豆腐、卵など。そして野菜も積極的にとることを心がけてください。野菜はお酒によるむくみの改善や血糖値の上昇を緩やかにして太りにくくしてくれる働きがあるので最初に野菜を食べること(ベジファースト)を意識してみてください。
また、おつまみを選ぶ際に注意したいポイントが調理法。油を多く使用する揚げ物(から揚げやポテトなど)は脂質の摂取量が多くなってしまうためなるべく控え、生、ゆで、焼きものを選ぶようにしてください。

お酒を飲んだらビタミン、ミネラルを摂取する

意外と知られていないのがお酒を飲んだ後のビタミン、ミネラル補給についてです。お酒を飲むと肝臓でアルコールの分解が行われますが、その際にビタミンやミネラルが使われるため不足してしまうのです。
特に不足しがちなのがビタミンB1とナイアシン。ビタミンB1は糖を分解してエネルギーに変える役割があります。お酒を飲んだ後はお酒やおつまみに含まれる大量の糖質を分解するためにビタミンB1が消費されるため不足してしまいます。
また、ビタミンB1は脂溶性ビタミンで体内に吸収されにくいため尿などから体外に排出されてしまいます。ナイアシンは肝臓でアルコールをスムーズに分解するために必要な栄養素です。
お酒を飲んだ後はアルコールを分解するために大量のナイアシンが必要となるため、体内で不足してしまいます。肝臓に負担をかけすぎないためにも、お酒を飲んだ後はビタミンやミネラル補給を忘れずに!

 

まとめ

お酒が太る原因やダイエット中にさけたほうが良いお酒、飲み方のポイントをご紹介しました。仕事で疲れて帰ってきたときやストレスが溜まっているときはお酒が飲みたくなりますよね。
そんな時は糖質に低いお酒と低糖質低脂質でたんぱく質豊富なおつまみを選べば大丈夫!ダイエットに我慢は大敵です。
ストレスになりすぎない程度にダイエットに取り組みましょう!


 

気になったらシェア♪