ブロッコリーダイエット!その効果と効果的なやり方

突然ですがブロッコリーは好きですか?
普段スーパーなどでもよく目にする食材ですが、実は栄養成分がとっても多く含まれていて「野菜最強」とも言われているんです。
そんなブロッコリーはダイエットにも最適な食材で、いま注目を集めています。今回はブロッコリーダイエットの効果と効果的なやり方についてご紹介します。



ブロッコリーダイエットとは?

まずブロッコリーダイエットとは何かをご説明します。「〇〇ダイエット」と聞くと、食事を何かに置き換えるというイメージがありませんか?
しかし、ブロッコリーダイエットは食事をブロッコリーに置き換えるわけではなく、「食事の中にブロッコリーを取り入れる」ダイエット。
たしかに、食事を何かに置き換えればカロリーの摂取量も抑えられて短期間で痩せることが可能ですが、極端にカロリー摂取量が減少したり栄養バランスが偏りすぎてほぼ確実にリバウンドしてしまいます。
せっかくダイエットしたのにリバウンドしてしまったら悲しいですよね。さらに一度リバウンドしてしまうとその後痩せづらくなってしまうんです。
そんなお悩みを解決するのがこのブロッコリーダイエット!野菜の中でも栄養価がとっても高いブロッコリーを食事に取り入れることで、健康的にダイエットできる方法です。
今回はそんなブロッコリーダイエットについてご紹介します。

ブロッコリーダイエットの効果は?

まずはブロッコリーダイエットに一体どんな効果があるのかをご紹介します。

 

脂肪の蓄積を抑える

ブロッコリーには「クロム」という必須ミネラルが含まれていて、体内で糖質、脂質、たんぱく質の代謝をサポートする作用があります。
主に糖質は体内に取り込まれると血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌され、エネルギーに変換されます。
しかし、このインスリンの分泌量が少ないと糖質が代謝されず脂肪として体に蓄積してしまうのです。クロムはこのインスリンの働きを活性化して代謝をサポートし、体内に脂肪が蓄積するのを抑えてくれるのです。

むくみ対策

ブロッコリーには「カリウム」が多く含まれていて、体内の水分量の調節に役立っています。塩分を摂りすぎたりお酒を飲みすぎたりすると体内に水がたまり、いわゆる「むくみ」の原因となってしまいます。
カリウムは細胞内の浸透圧を調節し、体内にたまりすぎた水分や老廃物を排出してくれるのです。特に女性はむくみやすいのでダイエットにおけるカリウムの摂取は非常に大切!
むくみがないだけですっきりとした身体に見えますよ。

からだのデトックス

ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」という物質は、解毒作用がある酵素の生成を促進する働きがあるため、身体のデトックス作用があります。
また、スルフォラファンには腸内フローラを整える働きもあるため便秘解消などにも興亜があります。

便秘対策

ブロッコリーは食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類にわけられ、ブロッコリーには不溶性食物繊維が含まれています。
名前の通り水に溶けにくい食物繊維なので摂取後にきちんと大腸まで届き、腸内で水分を吸収してカサが増すことで大腸のぜん動運動を促進して便秘解消につながります。
ダイエットをしていると便秘に悩む方も多いので、食物繊維の摂取は非常に大切です。

美肌効果

ブロッコリーにはビタミン類も多く含まれています。特に多く含まれているビタミンCは、お肌の土台となるコラーゲンの生成を促進する働きがあります。
また、ビタミンCは抗酸化作用があるのでシミ・そばかすなどの予防効果もあります。さらに、ビタミンAやビタミンEも含まれていて、これらのビタミンにも強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用によって活性酸素の働きが抑制され、アンチエイジングや美肌に効果があるのです。

 

ブロッコリーダイエットの効果的なやり方

では効果的なブロッコリーダイエットのやり方をご紹介します。

1日の摂取量は?

ブロッコリーダイエットをするなら1日の摂取量は100gが目安です。ブロッコリー1房は300~400g程なので1/4~1/3房くらいを目安にしてみてください。
1房食べても問題はないですが、ブロッコリーは満腹感も得られやすいので満腹になってしまいほかの食材が摂れなくなるのは栄養バランスが偏ってしまうため避けましょう。

摂取するタイミングは?

ブロッコリーを摂取するタイミングでおすすめなのが「食前」です。食前に摂取することで満腹感が得られるため食事量を減らすことができます。
また、食前に食物繊維をとることでそのあとに摂取した糖質の消化吸収速度をおだやかにする働きがあるので、血糖値の急上昇を抑制できます。
食物繊維の働きをさらに高めるために食事30分前に食べるとなお効果があります。ただ食前に食べるのが難しいという場合は食事に取り入れてもOKです。

オススメの調理法は?

ブロッコリーのおすすめの調理法は、焼く、蒸す、電子レンジの加熱です。ブロッコリーはゆでて調理するのが一般的と思われている方もいるかもしれませんが、実はブロッコリーの栄養素を最大限摂取するためにはゆでる調理法はあまりおすすめできないんです。
なぜかというと、ブロッコリーに豊富に含まれるビタミンCは水溶性ビタミンのため、水にふれると溶け出してしまうんです。ビタミンCだけでなくミネラルなども水に溶けだしてしまいます。
実際にゆでたあとのブロッコリーではビタミンCの残存率が約44%にまで減少。これではせっかくのビタミンCがもったいないですよね。
調理法ひとつで摂取できる栄養分の量が変わってくるのでぜひ意識してみてください。

 

 

まとめ

ブロッコリーダイエットの効果や、効果的なやり方についてご紹介しました。「野菜最強」と言われるほどの栄養を持つブロッコリーはダイエットに最適で、むくみ改善や便秘改善、美肌効果など男女ともにうれしい効果がたくさんあります。
今回ご紹介した摂取のタイミングや調理方法を参考に、ブロッコリーダイエットで健康的な身体を手に入れましょう!


 

 

 

気になったらシェア♪