マッチングアプリで会ったら微妙だったときの対処法と事前のチェックポイントとは?

マッチングアプリを利用していて、

「写真と印象が違うな・・」

「デートしてみたけど、会話が弾まない」

など、実際に会ってみて微妙だなと感じたことはありませんか?

マッチングアプリでは、「写真と全然違う人が来た」など写真詐欺といわれるトラブルも発生しているので注意が必要です。

こちらの記事では、

  • マッチングアプリで実際に会った人が微妙だったときの対処法
  • 会ったら微妙を回避するための事前チェックポイント

について詳しくまとめていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。



会ったら微妙だったときの対処法5選

「会ったら微妙」と感じる理由は、

  • 外見が写真やイメージと違った
  • 性格が合わない
  • 会話が盛り上がらない

がほとんどだと思います。

もし実際に会ったときに微妙と感じたら、どうしたらいいのか困りますよね。

そこで、会ってみたら微妙だった場合に役立つ対処法を5つご紹介します。

 

がっかり感を出さず、普通に接する

外見が写真やイメージと違っていた場合は、思わずがっかりした表情が出てしまいそうですが、グッとこらえ何事もなかったかのように普通に接するのが大人のマナーです。

どうしてもプロフィール写真は写りのいいものを選びますので、多少の違いは仕方ないですしお互い様かもしれません。

少しくらい盛っているのが当たり前と思って期待しすぎない方がいいですよ。

 

早めに切り上げて帰る

少しイメージと違っていた程度ならその場でドタキャンするのは失礼になります。

逆に悪質ユーザーと通報されて、運営会社からあなたへ警告が来る場合もあるので注意して下さい。

今後もマッチングアプリを利用するなら通報されるのは困りますよね。

軽くお茶したり、ランチするなど30分〜1時間程度で当たり障りなく振る舞ったら、早めに切り上げて帰るようにしましょう。

 

がっかりせず、楽しんでみる

がっかりする原因のほとんどは、写真と実物が違うなど外見に関することが多いのではないでしょうか?

しかし見た目は微妙でも、性格が良い、誠実、話が面白いなど内面で相手の良いところが見つかる可能性もあります。

また会話が弾まないのはお互いに緊張しているだけなのかもしれませんし、打ち解けれるように工夫したら解決することもあります。

せっかくデートするなら、楽しい時間を過ごせるようにしたいですね。

 

 

個人情報はなるべく話さない

初デートの相手と今後の進展はないと判断した場合は、なるべく個人情報は話さないようにしましょう。

連絡を断つときにすんなり切れればいいですが、中にはしつこい人もいるので最悪の場合、ストーカーまがいの嫌がらせをされることも。

そのため住んでいる地域や勤務先、LINEなどの個人情報は、教えないように気を付けて下さいね。

 

明らかに嘘だと分かったらすぐ帰る

かなり悪質なケースですが、明らかに写真と違う、別人が来たという場合は、すぐに帰りましょう。

「写真と違う人ですよね?今日は帰りますね」とやんわりと指摘して帰ることを伝えましょう。

あまり強く言うとトラブルになる可能性がありますので、怒るのではなく嘘をつかれて悲しいことをアピールしましょう。

 

 

事前にチェックするべきポイントとは?

「会ったら微妙だった」とならないために、事前にチェックするべきポイントをまとめました。

時間をムダにしない、トラブル回避のためにもぜひチェックしてみて下さいね。

 

プロフィール写真で顔がはっきり写っているか

顔の一部がマスクなどで隠れている、横顔しか写っていない場合はイメージとのギャップが生まれやすいです。

そのため実際に会ったときに「微妙だな」、「写真と違う」など、がっかりしてしまうのかもしれません。

相手の外見を重視される方は、プロフィール写真で顔がはっきり確認できる人を選ぶといいでしょう。

 

 

共通の趣味や話題があるか

会ったときに、会話が続かない、話が弾まない場合はお互い気まずいですよね。

事前に共通の趣味や話題があると、「何を話したらいいんだろう」というような不安は少なくなるのではないでしょうか。

会うまでのメッセージのやり取りの中で、会話のネタになるようなことを探しておくといいですよ。

 

オンラインデート(ビデオ通話)をして雰囲気を確認

初デート前に、オンラインデートをしておくのもおすすめです。

相手の顔や体型も分かりますし、会話が弾むかどうかも確認できますよ。

実際に会う場合と比べて時間とお金の節約にもなりますし、もし合わないと感じたら断る時も精神的に楽ですよね。

 

【マッチングアプリ】会ったら微妙だったときの対処法と事前チェックポイントまとめ

マッチングアプリで実際に会ったら微妙だったときの対処法と事前にチェックするべきポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

どうしても写真は写りの良いものを選ぶので、実物との誤差はある程度仕方がないことだと思います。

お互い様という気持ちでいたほうが、デートも楽しく過ごせるかもしれません。

それでも「会ったら微妙だった」を確実に防ぎたいという方は、事前のオンラインデートが有効ですよ。

今回の記事を参考に、素敵な出会いを見つけて下さいね。


 

 

気になったらシェア♪