すぐ使える!マッチングアプリで相手を傷つけない断り方とは?例文付きで解説!

マッチングアプリを使っていて、「この人とのやり取りやめたいな・・」「断りたいときは、なんて言ったらいいんだろう」「相手が傷つかない断り方ってあるのかな?」
そう思ったことはありませんか?

相手との相性が合わないのは仕方がないことですが、それをどう伝えたらいいのか悩むときありますよね。

伝え方を間違えると相手を傷つけてしまったり、逆上される事もあるのではっきりと断りづらいときは連絡頻度を下げフェードアウトしていくという方も多いのではないでしょうか。

確かに穏便に離れることは出来ますが、完全にフェードアウトするまで結構時間がかかりますし、ごまかしたり嘘をつくことに対して罪悪感を感じるという方もいらっしゃると思います。

こちらの記事では、

  • マッチングアプリで相手を傷つけない断り方
  • すぐに使えるシチュエーション別の断り方と例文

について詳しくまとめていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。



マッチングアプリで相手を傷付けない断り方とは?

断る際の伝え方を間違えるとトラブルになったり、逆に自分が傷つけられることもあるので注意しなければいけません。
意思はしっかり伝えることが出来て、相手をなるべく傷つけない断り方が出来るといいですよね。
はっきり断ることが苦手という方も以下のことを意識して伝えてみて下さい。

相手を否定しない

断る理由を伝える時は、相手を否定するような言葉は使わないようにしましょう。
「あなたとは合わなかった」など相手を断る理由にするとトラブルの元なので、「自分とは合わなかった」、「自分の理想とはちがった」など、あくまで自分の都合であることを伝えて下さいね。

曖昧なやり取りで期待させない

はっきりと意思を伝えることが出来ず、だらだらとやり取りを続けるのは自分にとっても相手にとっても良くないですよね。
曖昧なやり取りを続けることで相手に期待を持たせてしまうと、逆に傷つけてしまうことにもなりかねません。
お互いの時間をムダにしないためにも、正直な気持ちを伝えることは大切です。

はっきり断れない時は、ごまかすのも手

どうしてもはっきり断れないという人は、ごまかして伝えてもいいと思います。
「仕事が忙しい」、「体調が優れない」などを理由にしてこれまでの感謝を伝えたら、連絡を取るのをやめましょう。
少し一方的かもしれませんが、仕事や体調を理由にされたら相手は何も言えませんよ。

【シチュエーション別】すぐに使える上手な断り方を例文付きで解説!

シチュエーションによって、断り方は変わります。
ムダなやり取りを続けるのは相手の貴重な時間を奪うことになるので避けたいですね。
時にははっきり断る事も必要ですが、なるべく相手を傷付けないようにシチュエーション別の断り方を考えてみました。
すぐに使える例文も用意しましたので、ぜひ参考にして下さいね。

会う前のLINE交換の断り方

相手からLINEでやり取りしたいと言われたときの断り方は、「もう少し仲良くなってからでもいいですか?」が一番いいと思います。
「実際に会ってから交換しませんか?」と言うと、「じゃあ会いましょう!」とすぐデートに誘われるかもしれないので、安易に使わず相手によって使い分けることをおすすめします。

電話の断り方

電話で話しませんか?と言われたときの断り方は、「電話は苦手なんです・・・」「電話は緊張するので、メッセージでやり取りしたいです。」など
電話が苦手なことを伝えれば、相手も納得してくれると思いますよ。

初デートに誘われた時の断り方

初めてデートに誘われたけど乗り気ではなく断りたい時は、「もう少しやり取りを重ねてからでもいいですか?」「実際に会うことにはまだ抵抗があるので、もう少し待ってもらえますか?」
など、自分が会ってもいいかなと思うまでは含みを持たせた断り方でもOKです。
ただ自分の気持ちが前向きにならないようなら、仕事や体調を理由にしてやり取りを終わらせましょう。

初デート後の断り方

初めてデートしてみたけど、ちょっと合わなかったなと思ったときの断り方は、
「先日はありがとうございました。実際にお会いしてみてすごく楽しい時間を過ごせたのですが、恋愛や結婚を考えると私とは合わないのかなと思いました。私のわがままで申し訳ないのですが、お互い別の人を探しましょう。ありがとうございました。」
など、会う時間を作ってもらったことに感謝しつつ、断る理由については自分のわがままだと伝えましょう。

数回会った後の断り方

会う回数が増えていく度に相手の期待度は上がっていきますので、断りづらくなりますよね。
2回以上デートをしている場合は、価値観や理想の結婚像の違いなどを具体的にあげ、「共働きが理想とおっしゃってましたが、私は子供が出来たら仕事はやめて専業主婦になりたいと思ってます。」
などと考え方の違いを伝えてもいいですし、断ってもしつこく誘ってくる人には、
「実は他に好きな人(彼氏でもOK)が出来ました。」と嘘をつくのもアリです。

マッチングアプリで相手を傷つけない断り方まとめ

マッチングアプリで相手を傷つけない上手な断り方についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
マッチングアプリでは同時に複数の方とやり取りをするので、断らなければならない場面が必ず出てくると思います。

断るときは勇気がいりますし、100%相手を傷つけずに断ることも難しいので困るかもしれませんが、なるべく相手に配慮した断り方が出来るといいですよね。断り方に困ったときは、シチュエーション別の例文を参考に使ってみて下さいね。



気になったらシェア♪