Wi-Fiルーターがきっかけで話題になった「ARCore」!WIFI電波を可視化できるシステムとは

Wi-Fiルーター

Yahoo!トレンドで「Wi-Fiルーターが一位なの、なんで?」と話題になり、謎が広まっていたんです。

実はこれ、ARCoreを利用し「Wi-Fi電波を可視化」した応用技がバズっているからなんです。

カズレーザーさんのネタ「この辺Wi-Fi電波飛んでんな!」が実現したことが話題なんです。

 



◆Wi-Fiルーターが遠いことがきっかけで!「Wi-Fi電波」を可視化できるARcore

iPhoneなら「ARKit」、Androidなら「ARCore」という開発が進んでいて、カメラとモーションを組み合わせてCGを作り上げる技術なんです。

実はこれ、GoogleがすでにYoutubeでも公開しているものの、まだまだ普及しているスマホで使用可能なものは少なめ。

例えば、Pixelシリーズでは使用可能だったりするものの、iPhone側のARkitと同時に普及はまだまだ先なようなんです。

この「ARCore」を応用し、Wi-Fiの電波を可視化させたツイートがバズったからこそのトレンド入り。

まさにメイプル超合金のカズレーザーさんのネタ「この辺、Wi-Fi電波飛んでんな!」が現実化しているんです。

 

◆実はWi-Fi電波は過去から見えていた!Wi-Fiルーターの流れも…

Wi-Fiルーター 電波
By:VICE

実は海外では、Wi-Fi電波は可視化できることが証明されていたんです。

VICE』によれば今や、人間の目でWi-Fiが可視化できる技術は過去からわかっていて、2013年にはこのように可視化できる写真も。

これがARCoreやARkitを使い、一般ユーザーが使える日もそう遠くないことがネットでも感動を呼んでいますよね。

まとめ

謎の「Wi-Fiルーター」のトレンド入りを不思議に思っている人も多いでしょうが、発端はARを使用しての「Wi-Fi電波の可視化」が理由だったんです。

家の中のWi-Fi電波の流れを可視化できる時代も、すでにすぐそこだと言えそうですね。

Wi-Fiルーター

気になったらシェア♪