松嶋尚美 南青山の児童相談所問題に苦言…独自の切り口で本音を言った影響とは

松嶋尚美 バイキング 炎上

はっきりと物事を言い、早口でまくし立てるイメージの強い松嶋尚美さん。

バイキングに出演して「南青山の児童相談所問題」で“自分の思い”を語ったことが、まさかの大炎上に。

『バイキング』といえば炎上コメントを仕掛けることも多い番組とは言え、今回の松嶋尚美さんの「南青山の児童相談所問題」には、ネット上でも“怒りの声”が多い状態で炎上気味なんです。

 



◆バイキングで松嶋尚美が炎上した「無自覚なエゴ」

松嶋尚美 バイキング
By:バイキング放送

もともと問題になったのが、南青山地区に児童相談所を建設するという案に「反対の声」が住民から相次いだことでしたよね。

  • 児童相談所=セレブのイメージが壊れる
  • 児童相談所=危険な母子が多い
  • 児童相談所=南青山というブランドにふさわしくない

といった声が最も多く、他にも「自分の子どもがトラブルに巻き込まれる危険性が高まる」なんて声まで。

松嶋尚美さんも『バイキング』で“正直な思い”を発言したのはいいものの、松嶋尚美さんが「私は知識がないけれども…」と前置きした上で、「私なら引っ越しを考える。でも、自分の子どもが暴力に巻き込まれる危険性もある」と間違った意見を発信してしまったんです。

「例えば親に暴行されてキーッとなった子が外に飛び出して暴力振るったり、喝上げしたりするかもしれないという変な心配が一つ」

Ref:Yahoo!ニュース

児童相談所はもともと「虐待された児童」を保護する場所

「南青山」という地区云々ではなく、虐待された子どもや親がいない子どもを“守る施設”なのに対し、松嶋尚美さんは「間違ったイメージでの偏見」を発信して炎上しているんです。

 

◆虐待する親以上?松嶋尚美 南青山の児童相談所問題での「間違ったイメージ」

Twitter上では松嶋尚美さんへの“怒りの声”が多くて、松嶋尚美さんも炎上中。

もともと「児童相談所」は、子どもが心身ともに健やかに育つ環境を整えてくれる機関です。

特に多いのが、親から受ける「児童虐待」を保護する役割。

他にも「不登校の子ども」「不登校の子ども」を守る役割を果たしている機関なので、児童相談所への“知識がない”とした上で「私なら引っ越しするかも」と発言してしまった松嶋尚美さんにとっては、発言前に「児童相談所の役割」を調べたほうがよかった結果になっているんです。

確かに「児童相談所」の知識がなければ、どのような役割を果たす機関なのかは分からないもの。

ただ、児童相談所は「虐待された子どもの保護」「里親探し」「自傷する子どもを守る」といった、あくまで“子どものための機関”

それを知らずして「自分の子供が傷つく可能性があるから、引っ越しも考える」と“南青山の住民の声の代弁”をした松嶋尚美さんは、ネット上では大きな反発が生まれたのも仕方のないところではありそうです。

 

◆南青山は「成金の集まり」?過去にはアノ施設も…


Ref:ameblo

南青山といえば昔、「オウム真理教」があったことでも有名な場所。いわゆる「小金持ちの集まり」と揶揄されることも多かったんです。

確かに、坂が多い立地には「豪邸」が並び、エステ・デンタルエステ・美容院が並ぶ街並みは“おしゃれ”といってもいいですよね。

ただ実際には……

  • 頑張ってお金持ちになった人が無理してる感が強い
  • 坂の上の豪邸でも“無理している感”が強い「成金」が多いイメージ
  • あくまで一部で、南青山とは言っても「お金持ちには見えない」という人ばかり
  • ブランドイメージよりモラルのほうが大事では?

といった声も。

もともと「オセロ」で芸人として“成功した”松嶋尚美さん。

二児の母親にも関わらず、「松嶋尚美さんの発言の浅はかさ」を指摘する声も多く、児童相談所を熟知している人からすれば炎上も仕方のないところではあるでしょう。

 

まとめ

港区が積極的に進める「児童相談所」の建設。

松嶋尚美さんだけではなく、住民からも「南青山のブランドが崩れる」「地価が下がる」といった心配をしている人も多いんです。

ただ、そのような「モラルのない発言」こそが「南青山ブランド」を下げる原因になる……ということは考慮しないのでしょうか?

松嶋尚美さんへの炎上も、しばらくは続きそうなんです。

松嶋尚美 バイキング 炎上

気になったらシェア♪