セフレとの結婚を考えたことはある?恋愛結婚よりもセフレとの結婚は幸せになれるのか

セフレと結婚

お互いが「体の関係だけ」だったセフレ同士。

でもいつしか“情が芽生える”なんてことはめずらしくありません。

中には「セフレと結婚した」というケースもめずらしくありませんが、これはむしろ「幸せな結婚生活」を送ることができることも多いんです。

 



◆好き同士!「本命」と結婚した方が大変な理由

若い時に結婚したい

当たり前といえば当たり前ですが、今の御時世は「恋愛結婚」というのが大多数。

学生からの恋愛はもちろん、社会人になってから付き合った人と結婚するという形は最も自然だと言えますよね。

恋愛結婚だと一般的には「お互いが好き同士」。

新婚生活からお互いに笑顔が多く、「幸せな結婚生活を送ることができる」と確信する人は多いんです。

ただ実際には、結婚し、妊娠し、子どもを産む過程で旦那さんと“生活の不一致”が起こり、出産後は「子供第一主義」が起こることが「夫婦生活の不一致」にもつながりかねない…というのは珍しいことではないんです。

特に「出産」を通し、女性はパートナーに対して「好きな男性」から「一家の大黒柱」へと意識が多く変わることが多いんです。

そのためか、男性側からすれば「いつまでも大好きな奥さん」が、「子供優先で“まったく夫を相手にしない妻”」に変わることから、旦那さんが外で浮気をしてしまう…という被害も多く、これが「本命との結婚の成末」だと感じる男性も多いのでは?

 

◆セフレと結婚して「幸せな結婚生活」を送ることができる理由

セフレと結婚

男性側から「恋人にはなることができない」と断言され、それでもお互いの“寂しさ”を埋めるために定期的に会う男女もいますよね。

いわゆる「セフレ関係」には“幸せな未来はない”とよく言われるものですが、中には「セフレと結婚した」というパターンも少なくありません。

男性側から情が湧いた・妊娠したなど、人によってきっかけは様々なものの「セフレと結婚」という選択肢を取る男性もゼロではありません。

特に「セフレ関係を築いていく上で、対象女性を大好きになってしまった」という男性もけっこう多いものです。

また、女性側からすれば「溺れてしまうほど好きになった男性との結婚」は苦労が多いもの。

「好きだから」

この感情が理由で、旦那さんの借金グセや浮気グセに“目をつぶる”という女性は多いんです。

もちろん、好きになった人だからこその「結婚」に希望を覚える人は多いのでしょうが、反面、裏切られたときのダメージは大きいもの。

そこで言えば、「セカンド」だったとしても「セフレ関係」で結婚したカップルは程よい距離間もあり、しかも“体の相性”も抜群なことが多いです。

なので、たとえ「子宝」に恵まれないといえども、お互いがお互いの“快楽”を日々感じることで、程よい距離間と同時に「子どもという存在を干渉しない結婚生活」を味わえることも多いですよ。

 

◆「恋愛結婚」より「セフレと結婚」の方がお互い自立しているかも

セフレと結婚

どちらが「依存しきっている」ということの多い恋愛結婚よりも、お互いが「程よい距離間」を持っている「セフレ関係での結婚」は、ある意味ではお互いが干渉する部分が少なく、結婚生活には適している部分もあります。

結婚とはいえど、もともとは「他人」の関係。

考え方の価値観はもちろん、金銭面や生活スタイルの違いはいつしか「すれ違い」になってしまうこともあります。

その点、「セフレとの結婚」であれば、最初から「お互いの関係性」「お互いの距離感」「必要なときに一緒にいることができる」というバランスの取れた夫婦生活を送ることもできるんです。

「夫婦の形」はそれぞれ、いろいろあるもの。

昔は「お見合い結婚」が一般的だったことを考えると、人によっては「恋愛結婚よりもセフレと結婚」という形を取ることが“正解”であることもありえますよね。

 

まとめ

ただし「ただのセフレで、自分自身が妊娠してしまい、有耶無耶のうちに結婚」というのはあまりおすすめできません。男性側が“情だけの結婚”を選択しているケースがあるからです。

理想なのが、恋愛の始まりが「セフレ」で、お互いが満足できる関係性の上で“知らぬ間にお互いが惹かれていた”というケース。

ただの「恋愛関係」よりも一歩下がった視線でお互いを見る癖がついているので、案外、よい夫婦生活を送っている人も多いと言われますよ。

セフレと結婚

気になったらシェア♪