貴ノ岩の暴行は本当?加害者にならざるをえない相撲協会の罠

貴ノ岩暴行 相撲協会の罠

元・貴乃花親方が相撲協会から去ったと同時に、元・貴乃花親方の息子である花田優一さんの「芸能界での問題」が話題になり、同時進行で元・貴乃花親方の離婚問題がスクープされたのは記憶にあたらしいところでしょう。

その「元・貴乃花親方」といえば、モンゴル人同士の暴行問題で「告訴する」ということが話題になりましたよね。

その“被害者”だったのが、日馬富士関から暴行を受けた貴ノ岩。ただ、その告訴問題も、元・貴乃花親方の愛弟子「貴公俊が付き人に暴行」としたニュースが流れて、告訴の取り下げを行ったんです。

それに乗じて、今度は「貴ノ岩が付き人に暴行」という、もはや元・貴乃花親方にとっては青天の霹靂のようなニュース。

被害者から加害者になった貴ノ岩は「厳しい謹慎」が予想されるものの、これは「相撲協会の罠」という声もネット上には飛び交っている理由があるんです。

 



◆相撲協会 「やられたらやり返す」の精神?元・貴乃花親方への復讐

貴ノ岩 加害者

元・貴乃花親方といえば、メディアも通じて「相撲協会の闇」を度々主張してきた一人。特に「モンゴル互助会」の存在を嫌っていた素振りがあり、日馬富士を引退に追い込んだのも「貴ノ岩が受けた暴行・傷害の正義」を主張していたからこそ。

相撲協会側からすれば、元・貴乃花親方の“反乱”は腹立たしいものだったはず。

「元・貴乃花親方 VS. 相撲協会」の図が予想されていたものの、その元・貴乃花親方も愛弟子・貴公俊の暴行問題で「告訴取り下げ」を強いられたもの。

それからはトントン拍子に、元・貴乃花親方が「引退」を強いられるまでの流れになったのは言うまでもありません。

これにはネット上では……

といった、「相撲協会の闇と罠」を疑う視線と同時に、付き人への暴行が真実ならば「被害者だったのに、何も学んでないじゃん」という呆れた声も飛び交っているんです。

 

◆逆らうと怖い?貴ノ岩暴行で分かる「相撲協会の怖さ」

貴ノ岩暴行 相撲協会の罠

そもそも、元・貴乃花親方の「モンゴル互助会潰し」は、貴公俊の付き人への暴行問題がクローズアップされるまでは“順調”だったと言われています。

特集番組でも「相撲協会を変える!!」と豪語していた元・貴乃花親方だけに、元・愛弟子の「付き人暴行問題」自体が、実は“相撲協会の罠”だったと噂する声も飛び交ったんです。

そもそも「互助会」は、従順な対象でなければ「メディアを使ってまで対象者を潰す」というような憶測は昔からあったもの。

力士と付き人の「暴行問題」は、これまで数知れず報告されていたはず。にも関わらず、今回「貴ノ岩が付き人に暴行」と報じたのには、相撲協会が“何らかの圧力”をかけたという見方をする人も少なくありません。

 

◆貴ノ岩 モンゴルにはもう帰れない?暴行問題の被害者・加害者になって

貴ノ岩への「心配の声」があるのが、貴ノ岩がもう「モンゴルの地を踏むことはできない」といった声。

白鵬関や元・日馬富士関への“反乱”は、もとから「貴ノ岩はもう、モンゴルに帰れないよね」といった意見を集める原因にもなっていたんです。

それもそのはずで、相撲協会に反乱した元・貴乃花親方の“指示”は絶対的なもの。

当時は「被害者」として全面的にクローズアップされた貴ノ岩。今回、何らかの意図で「付き人への暴行」が報道されたことで、もはや「モンゴルに帰ることができないのが可哀想」という声までありますよね。

これは実は「相撲協会の罠」と言えるんでしょうか? あるいは、貴ノ岩が単純に「何も学んでいなかった」ということなのでしょうか?

 

まとめ

もともと、相撲協会の「互助会」を中心に「出る杭は打たれる」という風潮はあったもの。

それが、元・貴乃花親方の行動・振る舞いなどで「反乱の雰囲気」があったものの、その元・貴乃花親方も相撲協会を去るという結果に。

小結・貴景勝が初優勝したことで「元・貴乃花親方への嫌がらせがひどくない?」という裏を読むような声もあり、相撲協会の怖さを実感している人は多いようなんです。

これは本当に「相撲協会の罠」なのかどうかは、今、窮地に陥った貴ノ岩が一番感じていることかもしれませんね。

貴ノ岩暴行 相撲協会の罠

気になったらシェア♪