彼氏のギャンブルをやめさせたい!依存症の対策はある?

彼氏のギャンブルをやめさせたい

理想の彼氏だと思い、付き合った後も幸せ気分。毎日が楽しくて、彼氏が少し「忙しい」というLINEが多くても、今の幸せのほうが強い場合が多いですよね。

でも、その「忙しい」というLINE、実は仕事でも浮気でもなく、原因がギャンブルだということもめずらしくありません。

特に日本はカジノはないものの、365日パチンコ屋が開いていたり、ネットでは簡単に競馬や競輪、競艇ができたりするんです。

もし「彼氏のギャンブルをやめさせたい」と思うなら、まずは“彼氏がなぜギャンブルにハマっているか”を知っておきませんか?

 



◆する人は減っても…男性がギャンブル依存症になってしまう理由

パチンコやスロットにハマる男性は多くて、毎日のようにパチンコ屋に通っていたなんて男性も少なくありません。

今はオリンピックへ向けての規制が強く、国もあまりパチンコ・スロットに対していい感情は持っていません。とは言え、そん状態でも毎日のようにギャンブルに明け暮れる男性がいるのも事実です。

そもそも、なぜ男性はギャンブル依存症になりやすいんでしょうか?

その理由は個人差があるものの、大体の男性が「ストレスまみれ」であることが多いです。しかも、生活にあまり余裕がない傾向も。

場合によっては……

  • 貯金がほとんどなく、通帳の残高は数万円以下
  • むしろ、彼女に内緒で借金をしている
  • 仕事と偽って、デートをキャンセルしてパチンコ屋に行っている
  • 気分の浮き沈みが激しく、何かを勝ってくれたり奢ってくれたりするときは機嫌がいい
  • お金がないとき、うつ状態のような表情になる

といった、付き合い始めのイメージとは全く違った彼氏になっていることも。

多くの原因は、仕事のストレスか、交友関係のストレスや金銭面での不安から「ギャンブル依存症」になり、彼女に嘘をついてでもギャンブルを続ける男性がいるのは「現実逃避」に大きな理由があるんです。

 

◆パチンコ屋や競馬場では「嫌なこと」を忘れている!? 彼氏のギャンブルの理由

デートにパチンコ屋や競馬場といった選択肢をする彼氏は、結婚を考えているなら間違いなく“結婚を考えなおす”という必要もあるでしょう。

中には彼氏に依存していて、彼氏の趣味に全て合わせてしまう女性もいますよね。でもこれは、地獄への第一歩。

そもそも彼氏がギャンブルに熱中している瞬間は、日頃の嫌なことは頭にありません。頭にあるのは、ドーパミンやβエンドルフィンが出た状態での「大金が手に入るかも」という一時的な感情です。

このドーパミンやβエンドルフィンが出ているからこそ、多くの男性がギャンブル依存症になりやすいのは、日頃のストレスを「ギャンブル中は忘れれることができる」という理由からなんです。

女性が甘い物を食べると幸福感を覚えるように、男性は「ギャンブルでの大当たり」を目の当たりにすることで脳から快楽物質が出続けます。

大まかには、これが彼氏が彼女に嘘をついてでもハマっている「ギャンブル」の正体なんです。

 

◆今どきのギャンブルは「脳内麻薬」が出やすくなっているのも注意

結婚を考えているならば、是が非でも彼氏にギャンブルをやめてほしいですよね。

ただ、ギャンブル依存症になってしまった彼氏はなかなか救えません。

例えば、パチンコやスロットであれば「音・光」の激しさで洗脳状態に陥ります。その瞬間は、仕事の嫌なこと・人間関係の煩わしさは頭になく、大当たり欲しさのアドレナリンが出っぱなしです。

ちなみに脳内麻薬の仕組みとしては……

  1. 大当たりをイメージしてアドレナリンが出る
  2. なかなか当たらなくてノルアドレナリンが出る
  3. 大当たりした瞬間にアドレナリンが放出され、同時にβエンドルフィンが出る

簡単に言えば、大当たりを目指す時は“ハラハラ・ドキドキ”で、当たった後が“多幸感”に溢れる感じ。これはもはや、現代日本の合法的な脳内麻薬といっても過言ではありませんよね。

 

◆彼氏のギャンブルをやめさせたいのなら「否定」はせずに「別の趣味」をみつける

いろいろな芸能人が「覚醒剤取締法」で逮捕されているものですが、ギャンブルも同じようなことが言えて、人によっては借金をしてでもギャンブルをしている人がいるんです。

先々の家庭を考えているのならば“ありえない姿”ではあるものの、彼氏も、もしかしたら「ギャンブル依存症」の罪悪感にさいなまれているかもしれません。

ずばり、彼氏のギャンブルをやめさせたいのなら「同じように夢中になることができる趣味」を一緒にするのが近道です。

例えば……

  1. 車の趣味やバイクの趣味を共有する
  2. グルメの趣味をお互いに持つようにする
  3. ジョギングやマラソンを一緒にして「セロトニン」を一緒に出すようにする
  4. 重度のギャンブル依存症なら、まずは彼氏に同調しながら少しずつ離れてもらうことを意識する

特に難しいのが4番目。なぜなら、彼氏は自分が「ギャンブル依存症」だと自覚していないこともあるからなんです。

もしどうしても彼氏が“いつまで経ってもギャンブル狂い”ならば、結婚して借金まみれになる前の別れを選択すべきですよね。

でも、どんな人でも「ギャンブル依存症」は克服できるもの。

彼女の協力次第で、今まで以上にお金を大切にする人になる可能性もあるので無下には出来ませんよね。

なので、もし彼氏がギャンブル依存症が続くのならば「嘘をついたら別れる」という念書を作り、結婚前に見限るのも一つの手でしょう。

 

まとめ

日本人男性は真面目だからがゆえに、どこかでストレスを発散したいと思うものです。

もしそれが「ギャンブル」であれば、結婚した後に取り返しのつかないことになる可能性も否定できません。

できれば付き合っている時、ギャンブルをする・しないを含め、もし依存症であれば「ギャンブルをやめてもらう」という手段をとって、自分の身を守ることも大切ですよ。

彼氏のギャンブルをやめさせたい

気になったらシェア♪