お祭りデートを楽しむ!気をつけておきたいマナー3選

浴衣デート

夏になれば、お祭りデートに出かけることを彼と企画する人も多いでしょう。

お祭りデートは夏ならではのイベントの一つ。ぜひ失敗のないように、思い出に残るデートにしたいですよね。

ですが、特にお祭りデートに出かけたことがない人からすれば、何に気を付ければ良いのか分からない点もあるものです。

そこで今回は、お祭りデートを失敗しないために重要なポイントをまとめてみました。

彼とお祭りに行く際は、以下のマナーは絶対厳守ですよ。

 

 

◆浴衣の着くずれに注意!だらしない格好になってるかも…

お祭りデート マナー

お祭りデートともなれば、はりきって浴衣を着ていく人も多いでしょう。

せっかく自慢の浴衣を着つけるところまでは良いのですが、あまりにも着付けが適当だと、お祭りを楽しんでいるうちに激しく着くずれしてきてしまう可能性があります。

「着くずれしてきてセクシー…」と思いがちですが、現実は違います。ただだらしない格好になるだけなので、彼としては一緒にいて恥ずかしくなってしまうかもしれません。

いい大人が着くずれした浴衣を着ているなんてみっともないですよね。

浴衣はしっかりと着付けしたうえでデートに出かけるようにしましょう。

 

◆彼はがっかり!? 勝手に浴衣から私服に変更しない

浴衣デートで私服

浴衣を着ていくと約束したのに、「なんか子供っぽい柄かも…。似合わないから私服で行こう」と勝手に予定を変更してしまうのはなるべくやめた方が良いでしょう。

彼はあなたが浴衣で来るのを楽しみにしているに決まっています。

そんな中、勝手に予定を変更して私服で来られたのでは、彼からしてみれば“がっかりサプライズ”です

もしお互いに浴衣を着ていく予定だったとしたら、彼女は私服、彼氏だけ浴衣…という変な構図が出来上がってしまいます。逆はよくあるパターンですが、男性だけ浴衣というのはちょっと微妙な感じですよね。

もしどうしても浴衣を着ていきたくなくなったのなら、あらかじめ彼に伝えておきましょう。

 

◆実はありがち?デート中に会話するのを忘れない

浴衣デート

お祭りは混雑していることが多いですし、人ごみをかきけて進むことが多いと、会話もままならないことがありますよね。

また、そのうえで屋台などをひたすら楽しんでいると、ゆっくり会話をする時間が意外となかったりするんです。

せっかくお祭りデートにでかけたのに、始終ばたばたしていて、なんだか行ってきた感じがしなかった…という思い出になってしまっては残念すぎますよね。

お祭りを楽しみたいのは分かりますが、たまには時間をゆっくりとって会話をする余裕も持ちましょう

そうするだけで、お祭りデートはとても印象に残りやすくなりますよ。

 

まとめ

一年のうちでなかなかないお祭りデート。だからこそ、思い出作りはしっかりしておきたいですよね。

お祭りデートでマナーを欠いてしまい、結果的にそれが原因で微妙な空気になったり、喧嘩になるようでは最悪なものです。

ぜひお祭りデートに出かける際は、以上のポイントをしっかり守るようにしてみてくださいね。

浴衣デート

気になったらシェア♪