男友達からの告白された!上手い断り方とは!?

友達からの告白 断り方

仲の良い男友達や会社の同僚からの「突然の告白」に戸惑った経験はありませんか?

告白をお断りした後も関係が続く相手への返事には、こちらも配慮が必要です。

お断り後も良い関係を築ける、上手なお断り方法をご紹介します。

 

 

◆その気がないことをハッキリ伝える

友達 告白 断り方

相手のことを傷つけたくなくても、付き合う気がないことはハッキリと伝えましょう。

うやむやにしてしまうと、彼の方も「まだ望みがあるのかな?」と吹っ切れずに、余計つらい思いをすることになります

告白された後なだけに言いにくいかもしれませんが、相手と誠実に向き合うためにハッキリと自分の気持ちを伝えましょう。

 

◆「友達」としてしか見ていないことを伝える

断り方 告白

ある程度関係性が出来上がっている相手の場合は、「それ以上の関係として見ることができない」ということを相手に伝えましょう

この時、今後も今の関係以上としては見ることができないことは、しっかりと伝えることが大切です。

また、男性側からすれば“今の関係性を壊しても良い”と思って告白しているので、「今の関係を壊したくないから…」などの断り方は避けたほうが無難です。

 

◆好きになってくれたことに対して感謝の気持ちを伝える

告白 断り方

上記2つを伝えたら、告白してくれた事に対して感謝の気持ちを伝えましょう。

友人関係を築いている相手に告白するのは、実はとても勇気がいるもの。

頑張って行動してくれた相手に対して、感謝の気持ちを伝えることは忘れたくないですよね

「好きになってくれてありがとう」というあなたの言葉だけで、男性の行動は報われることが多いんです。

 

◆男友達の告白を断ったときに「絶対にしてはいけないこと」

友達からの告白 断り方

ある程度関係性がある男性からの告白のとき、絶対にしてはいけないのは「周りにバラす」こと。

告白が断られたことがコミニティ内に広まってしまうと、男性のプライドを大きく傷つけてしまいます。

そうするとコミニティ内の空気が悪くなり、最悪の場合コミニティ自体が潰れてしまうことも。

大人の女性なら、自分と相手のことだけじゃなくて、周りの人の事も考えて対応したほうがいいですよね。

また、告白されたからといって“相手の気持ちを利用するような態度”を取るのは絶対にNG

2人きりで会いたがったり、スキンシップをするなどの行為は男性にとってつらいだけです。

気持ちに応えることができないなら、一線を引くのがマナーです。

 

まとめ

友達として好きな相手や、職場でこれからも顔を合わせる男性からの告白に対して、今後の事を考えると「どう断れば良いのかな?」と悩む女性はとても多いです。

しかし、男性は今の関係を壊しても良いと思って勇気を出しているため、あなたも彼の気持ちに誠実に答えるようにしてくださいね。

「今後も友人関係を続けたい」と伝えるのはOKですが、「今の関係を壊したくないから」という断り方はNGです。

告白をお断りした後は、今までと変わらない態度で彼に接するようにしてください。

あなたも気まずいでしょうが、告白を断られた男性はさらに気まずい思いをしています。

不必要に気遣う必要はありませんが、堂々と何もなかったように接するのがベターです。

あなたのためにも男性のためにも、気まずさを乗り越えて告白前の様な関係に戻れることを願っています。

友達からの告白 断り方

気になったらシェア♪