浴衣デートの注意点!男性が本当に喜ぶ浴衣選びって?

浴衣デートの注意点

夏といえば浴衣の季節。ただ、悩ませるのが浴衣の選び方や着こなしですよね。

「浴衣を着た可愛い姿を見せて彼氏をドキッとさせたいけれど、どんな浴衣を選べば良いかわからない!」

そんな人も多い夏、事前に男の子ウケ間違いなしのOK浴衣と、できれば避けた方が良いNG浴衣をそれぞれ知っておきませんか?

 



◆浴衣の色は紺か水色!柄はベーシックな古典柄を

浴衣デート 注意点

まず浴衣の色選びですが、男性が女性の浴衣姿に抱くイメージが「おしとやかな大和撫子」なので、それに合わせてベーシックなものを選びましょう。

紺色や水色などが男性に人気の色です。

白も人気ですが、着方によっては相撲部屋のようになってしまうため、しっかり着付けできるという方以外にはおすすめしません。

柄も大柄なものは避けて、朝顔や菊、金魚などをモチーフにした昔ながらの古典柄を選んでください

帯の色は浴衣の柄の中から選んで、下駄の鼻緒の色と同じにするとコーディネートがしやすいんです。

ヘアはアップにしてうなじを目立たせ、メイクは浴衣に合うナチュラルなものにしてくださいね。

 

◆男性がドン引きするNG浴衣とは

まず「丈が短い」浴衣は絶対にやめましょう。

歩きやすく女性には人気のミニ丈浴衣ですが、男性からは「だらしない」「浴衣の意味がない」などと不人気です

また、帯をレースなどでデコるのも「キャバ嬢みたい」で男性ウケはよくないんです。

浴衣姿に何かプラスするよりも、浴衣そのものをきちんと着付けている方が男性ウケはいいですよ。

「花魁風浴衣」「眩しいほどのパステルカラー」「じゃらじゃらアクセサリー重ね付け」の着こなしは男性にはNGです。

 

◆浴衣デートで気を付けること

浴衣デート 注意点

せっかく可愛い浴衣を着ていても、普段と同じように振る舞うと男性はガッカリしてしまいがち。

浴衣を着ているときは大股で歩かない、地べたに座らないなど所作にも気を付けたいところ

慣れない浴衣に戸惑っているあなたを見て、男性の“守ってあげたい欲”が刺激されるはずです。

下駄で足が痛くなっても不機嫌にならず「足が痛いから手を繋いでくれる?」と男性に可愛く甘えるようにしたいですね。

 

◆浴衣デートで注意したいこと

浴衣デートの注意点

可愛い彼女が浴衣を着て来てくれたら、男性は家に帰したくなくなるもの。

普段ならそのままお泊りという流れでも、浴衣デートの場合は注意が必要ですよね。

浴衣は見ている分には涼し気で優雅ですが、きつく帯を結んでいるので身体にたくさん跡がついています

男性にガッカリされたくないなら、可愛い姿だけを彼の記憶に残して物足りない位で帰宅するのがベター。

帰宅後にお礼のLINEと一緒にお互いの浴衣姿の写真を送れば、彼は長時間あなたとのデートの余韻に浸ってくれます。

次に会う時、二人の仲はより深いものになること間違いなしです。

 

まとめ

男性は女性の浴衣姿に「色気」や「普段とのギャップ」を求めています。

非日常を彩るコスプレとして、浴衣を着ている間は男子の求める「おしとやかな大和撫子」を演じきってみてはいかがでしょうか?

彼との距離がぐっと縮まるのは間違いありませんよ。

浴衣デートの注意点

気になったらシェア♪