マンネリ回避!男性が彼女に胸キュンとしてしまう行動4つ

マンネリ回避のための行動

付き合っている男性にずっと可愛いと思ってもらいたいのは、女性の願いだったりします。

長く付き合ってマンネリ化してきた時こそ、彼にもう一度惚れ直してもらってさらなるラブラブを目指すべきときですよ。

マンネリは避けたい……でも、照れが勝ってしまう!

そんなときもあるかもしれませんが、男性が思わず胸キュンしてしまう女性の仕草は頭に入れておいて損はありませんよ。

 

 

◆マンネリ回避!「リアクションをハッキリさせる」

マンネリ回避 胸キュン

彼といる時には、リアクションを大きくとるようにしたほうがいい理由はご存知ですか?

付き合って時間が経つと、良い意味でも2人の間に緊張感がなくなりがち。

付き合い始めた頃のように、彼の一挙手一投足に対して大きく反応することも少なくなりがちですが、新鮮さを求めるのなら、いつでもカレに対してリアクションを大きく求めるのは大切なことなんです。

マンネリ回避のため、表情やリアクションを変える習慣は身につけておいて損はありません。男性は、喜怒哀楽で「喜び・楽しみ」の感情を見せてくれる女性に対して、ポジティブな感情を抱くことが多いからです。

ただし、悲しい表情や怒った表情を表に出すのは控えめにしてください。

もしネガティブな感情を抱いても、一瞬悲しい顔をしても、すぐに笑顔に切り替える位がおすすめです。

 

◆ベタベタはNG!? 「控えめなスキンシップ」でマンネリ回避

マンネリ回避のための行動

ベタベタなスキンシップはさておき、付き合いが長くなっても、彼女の方から控えめにスキンシップを取ってみましょう。

家の中で手を繋いだり、外で服の裾を掴む程度のスキンシップがおすすめです。“恥ずかしい”という感情よりも、“一緒にいて嬉しい”ということを伝えることが大切なんです。

マンネリ回避のためには、それ以上のことを経験しているのに、あえて控えめなスキンシップを取ることが大切。ちょっとしたスキンシップが、彼をドキっとさせることにつながるんです。

スキンシップを取る時に恥じらった表情も忘れないようにしてくださいね!

 

◆マンネリ回避の大前提!「ストレートに言葉で伝える」

マンネリ回避

彼と2人でいる時にしみじみと「好きだなぁ~」と言葉で伝えてみてください。直接だけじゃなくて、LINEでも小出しにすることが大切ですよ。

付き合った当初はお互い相手に言葉で気持ちを伝えていても、いつの間にかその回数が減っていませんか?

長く付き合っていると、お互いどこかで「分かっているだろう」という気持ちがあって、つい言葉に出すのがおざなりになってしまいます。でも、それは“マンネリ化”への第一歩。

付き合いが長くなっても、改めて言葉で伝えることで、彼があなたの存在をもう一度意識してくれる習慣をつけることにつながるんです。

 

◆付き合いが長くなっても!「ほどほどの可愛いワガママ」を言ってみる

マンネリ回避のための対策

長く付き合っているからこそ言える“可愛いワガママ”で彼を困らせてみるのもおすすめ。

付き合いの中で、お互いの地雷やこれ以上は怒るだろうなというところは何となく分かっていることが多いですよね。

なので、そこは避けて彼が少しだけ困るような可愛らしいワガママを言ってみてください。

デートの終わりに「帰りたくない」と言ったり、「電話を切りたくない」といったレベルのものがおすすめです

この時、あまり長時間困らせずに「ちょっと言ってみただけ!」と自分で切り替えることがポイント。

マンネリ化を避ける女子は“ほどほどのワガママの小出し”がうまく、男性側も女の子らしいワガママに彼は思わず胸キュンしてしまうことが多いですよ。

 

まとめ

どんなに盛り上がった恋愛でも、時間が経てばマンネリ化してきます。

意識して彼に胸キュンさせることができれば、「自分の彼女はこんなに可愛かったの?」とさらに大事にしてもらえるようになることが多いですよ。

マンネリ回避のために、ぜひ今回ご紹介したことを心がけてみてくださいね。

マンネリ回避のための行動

気になったらシェア♪