ダブル不倫は危険すぎ!ヤバすぎるデメリット3つを解説

W不倫 危険

両方が既婚者である場合をダブル不倫と言いますよね。

ダブル不倫は、お互いに「夫との生活に飽きちゃって…」「妻とうまくいってなくて…」と共感しやすいこともあってか、意外とよくあるものだとも言われます。

でもダブル不倫は、基本的にしていて良いことは一つもありません。

今回は、恐ろしいダブル不倫のデメリットを3つ解説していきたいと思います。

 

 

◆お互いが既婚者だからこそ!バレたら大騒動に…

W不倫 危険

通常の不倫の罪が軽いわけではありませんが、ダブル不倫はもはや罪や責任の重さでいえばレベルが違うと言っても良いでしょう。

もしダブル不倫がバレたら、お互いの家族を巻き込んだ大騒動になってしまいます

考えだけでも、正直血の気が引くレベルですよね。話し合ってどうにかなる問題ではないでしょう。

裁判沙汰になる可能性も十分考えられます。少しの気の迷いで手を出してしまったことにしては、あまりにリスクが高いのは明らかです。

 

◆自分は隠していても…!? 相手がまさかのボロを出す可能性も

W不倫 ヤバい

ダブル不倫である以上、お互いに自分の家族には秘密を守らなければいけなくなります。

自分は気をつけていても、もしかすると不倫相手の方がヘマをしてしまう場合もあるでしょう

すると、こちらはうまく隠していたのにも関わらず、急に相手の奥さんから電話が来て……というパターンでダブル不倫が発覚してしまう可能性は十分考えられます。

ダブル不倫はお互いに秘密をうまく守った状態で関係を続けて行かなければいけないため、何かとリスクが高いんです。

相手がボロを出さないように見張るわけにもいきませんし、かなり綱渡りなものです。

 

◆よく考えて!大事なものを失うリスクは高い

W不倫 危険

ダブル不倫は、お互いが既婚者である分、周りから見たイメージもかなり最悪です。

もしダブル不倫がバレたら仕事にも影響が出る場合もあります。自分のスキャンダルのせいで、自分の評価が下がってしまうことだってあり得ます。

友達からの印象も悪くなってしまうでしょう。ダブル不倫をしていた、と聞いて、正直かなりドン引きされる可能性は高いです。

また、最も大事なものを失うリスクを考えましょう。自分の家族が不倫をしていて、しかもダブル不倫だったなんて聞かされたら、夫や子供は悲しみますよね

ダブル不倫に手を染める前に、バレたとき失うものがどれだけ大きいのかをよく考えてみることが大切です。

 

まとめ

ダブル不倫は、お互いに相手がいるからこそ、失うものや巻き込むものも非常に大きくなります。ちょっと魔が差したくらいで手を染めるには、リスクが高すぎますよね。

ハマってしまう前に「こんなことしていていいのかな」と冷静さを持つことを、ぜひ忘れないでくださいね。

ダブル不倫は危険なことだらけなんです。

W不倫 危険

気になったらシェア♪