キャバ嬢の本音がヤバい!男性が知らないキャバクラ嬢が喜ぶ仕草

キャバ嬢 本音

男性には「キャバ嬢を落としたくて、足繁く通っている」という男性がいるのも事実です。

「今夜こそ、アフターでホテルに……!?」なんて期待する男性もいますが、キャバ嬢の本音は意外に残酷であり、人によっては「お金の価値」で男性を見る視線が変わることも多いんです。

男性にとっては「どうしたらキャバ嬢に喜んでもらえるんだろう?」と疑心暗鬼になっている人もいますが、キャバ嬢の本音と同時に「キャバ嬢が喜ぶ仕草」も紹介します。

 



◆キャバ嬢は男性の飲み具合・遊び方を観察している

キャバクラ 副業

キャバ嬢がお客様の男性と「真剣に付き合う」ということは、ありもしますし、無いほうが多いとも言えます。

その理由が、キャバ嬢にとっての価値観が「男性の振る舞い」にかかっているからなんです。

キャバクラに飛び込む多くの女性は、はっきり言って「お金」に対して複雑な価値観を持っています。

一般的な恋愛であれば「男女の愛情」が基準になるでしょうが、キャバ嬢にとってはそんなことよりも「男性のお金の出し方のスマートさ」から優先し、男性の本音を見抜くことが多いですよ

例えば有名人で言えば、『ナニワ金融道』という漫画の作者が、結婚した相手が元・ホステスだというのは有名な話。

ちなみにナニワ金融道の作者が“キャバ嬢の信用”を勝ち取るために費やした金額が500万円以上と本人も語っていたんです。

キャバ嬢の場合、男性の「本音」というよりも、「将来の自分をいかに養ってくれる財力があるかどうか」も、お客様の価値を判断する一つの基準なのは間違いありません。

 

◆キャバ嬢の中には「お客さんへの恋心への葛藤」が止まらないことも

水商売 裏側

キャバ嬢といっても、ロボットでも何でもなく“人間”です。

もしお客様に「自分の理想の相手」が現れれば、その人に対して心が揺さぶられることはゼロではありませんよね。

「何度も騙された」「酒の入った男は信用できない」というキャバ嬢でも、人の相性次第では「お客様との恋愛」が脳をよぎってしまうのは不自然なことではないんです。

 

◆キャバ嬢が求める彼氏にしたい男性=あっさりしたお客様

キャバクラ落ち 保証人

前出のように『ナニワ金融道』の作者が結婚相手に500万円以上を北新地に貢いだように、キャバ嬢が「この人についていっても大丈夫」というのは金銭面な事情もありえます。

そもそも女性は「現実主義」の志向を持った人が多いので、キャバ嬢に限らず「結婚後の相手の財政事情」を探るのは不自然なことではありませんよね

ずばり、男性が「キャバ嬢を落としたい」と思っているのであれば、遠回しの言い回しでは口説けるはずはないと思ってください。

水商売の世界は奥深いもの。様々な男女のストーリーがあり、様々な事情を背負った人間が多いものです。

もし男性が「キャバ嬢を落としたい」というのであれば、前出の『ナニワ金融道』の作者のように、お金で男女のパワーバランスを支配するというのが一番の近道といえるでしょう。

「どうしても惚れた女性がキャバ嬢だった」

そんな男性はめずらしくありませんが、果たして好きになったキャバ嬢を相手にして「自分自身が本当にその“キャバ嬢”を幸せにできるかどうか」を優先して考えることが「大人のオトコとしての考え」であることは言うまでもありません

 

まとめ

ただ残念なことに、バカと言われる男性の多くが「キャバ嬢の振る舞い」に対して本気になってしまい、自分自身の財力・能力を無視して一方的に好きになってしまうものです。

はっきり言って、キャバ嬢の立場からすればそれは「迷惑」以外のなにものでもないですよね。

もしどうしても「キャバ嬢を落としたい」という男性がいるのであれば、キャバ嬢の“本音”をしっかりと把握することをおすすめしますよ。

キャバ嬢 本音

気になったらシェア♪