保証人で騙された!女性がキャバクラ落ちする理由の一つにも…

保証人 騙された女性

「絶対に、借金などの保証人になってはいけない」

そう親から教えられたA子さんがキャバクラに勤続しだして6年。当時は「お小遣い稼ぎ」だったものの、お客さんとの恋愛で痛手を負うことになってしまったんです。

その理由が、恋心につけ込んだ男性からの「保証人詐欺」

水商売・風俗に勤める女性ほどターゲットにされやすく、保証人で騙されたなんて経験をする女性のエピソードはめずらしくありませんよ。

 



◆最初は「優しい・紳士」と思っていたのに…途中で変貌した男性

保証人 騙される

キャバクラ勤務の女性の多くがいろいろな事情を持っているもの。

多くが「金銭面」でのトラブルを経験していて、その大半が男性絡みによるものなんです。

例えば、彼氏が借金まみれで「肩代わり」をした女性。

お金にルーズな彼氏は世の中に多いものの、ギャンブルやお酒・女性に溺れ、その借金を女性に肩代わりさせる最悪な男も世の中に多いのも事実ですよね。

最初は「甘い言葉」で優しくしてくれ、寂しいときも常に横にいてくれた男性が「金銭トラブル」がきっかけに豹変することもあるんです

A子さんもある男性の「保証人」となってしまい、結果的にキャバクラ人生が6年続いてしまっているんです。

 

◆借金地獄の彼氏から「保証人」を頼まれて地獄に堕ちた女性

保証人 騙された女性

もともと警戒心が強く、男性に対しても慎重だったA子さん。キャバクラの世界に入ったのも、ちょっとしたお小遣い稼ぎがきっかけだったんです。

キャバクラ生活も半年経つころ、A子さんが接客した男性が「優しい・紳士」で、真剣に口説いてくるのでアフター後に体の関係を持ち、そのまま彼女になることに。

恐ろしいことに、最初は「紳士・優しい」という男性ほど、水商売の女性に対して“悪巧み”があったりするものなんです。

A子さんはその男性と付き合い3ヶ月経ったころ、ある“お願い”をされます

「借金まみれになった。次のところで借りたら、まとめて返済できる。ただ、どうしても“連帯保証人”が必要と言われたんだ」

A子さんにとっては、大好きな彼氏。「きちんと真面目に返すから」という彼氏の言葉や眼差しにも“嘘”なんて感じられず、簡単に連帯保証人になってしまったのが地獄の始まり。

気づけば彼氏は姿を消し、残ったのは500万円の借金

家庭の事情などから自己破産という選択肢もできなく、キャバクラ勤務と昼間の仕事の二足のわらじで借金返済を続ける日々になっているんです。

 

◆夜の世界には「保証人詐欺」で騙される人がごまんといる

キャバクラ落ち 保証人

「ありえないエピソード」のようで、実は夜の世界にいる女性にとってはよくある話なのが「保証人詐欺」に陥る人。

水商売を続けていると、お金しか信用できなくなる女性も多いもの。

そんな中、「寂しさ」を埋めてくれる男性が現れると、これまでの警戒心が嘘のように「信用してしまう」という事態になってしまうことも多いんです。

ただ、そんな水商売の女性の「心の隙間」を狙い、保証人詐欺などを計画している男性がいるのも事実

男と女の世界には“いろいろな事情”はあるものの、夜の世界には「寂しさ」と「お金」の闇がはびこっているのもめずらしくありませんよね。

 

まとめ

夜の世界は「客」の立場では華やかな世界だとしか思えないもの。

ただ、実際には「様々な事情」を抱えた女性が働いているものなんです。

そんな夜の世界の女性の「心の隙間」を狙う男性もいて、特に多いのが「保証人詐欺」。

気づけば裁判所に呼ばれていた……なんて暗い過去を持つA子さんのような“地獄”を見ないようにするには、簡単に保証人になるようなことは「信用できる人」でもしてはいけないということなんでしょうか。

(取材協力/れいさん 34歳)

保証人 騙された女性

気になったらシェア♪