延岡学園バスケ部 暴力で審判が搬送…蒸し返される日大アメフト

バスケ 暴力 延岡学園

前代未聞の事故が起こってしまったのが、延岡学園のバスケ部。

審判の判定に不服を覚えたのか、延岡学園のバスケ部でコンゴ共和国からの留学生である部員が、審判に暴行し審判は搬送されてしまったんです。

暴力事件といえば、日大アメフト事件や栄監督のレスリングパワハラ問題で揺れ動いている今、延岡学園のバスケ部にとっては最悪のタイミングになっているんです。

 

 

◆フランシーかエルビスか…コンゴ共和国からの留学生二人が注目され

延岡学園のHPからするに、コンゴ共和国の留学生は二人。

フランシス選手に……

※両名画像は延岡学園HPから(現在は削除済み)

エルビス選手の二名。

延岡学園の学校BBSによれば、「フランシーやばくない?」という声が飛んでいるように、前者の選手による審判への暴力が疑われているようなんです。

ネットでは「日本人であれば、スポーツの世界で暴行があるなんてありえない」と怒りや戸惑いを見せる声も多々。

また、バスケットボールBBSでは「フランシー」による暴行だという声が。

また、もともとの疑惑から“目を背ける”という延岡学園側の動きもあるようで、ネットでは「隠蔽作業早くない?」といった声まで。

いくら留学生とはいえ、ここは日本。

日本の「文武両道」の精神に反し、しかもスポーツ選手がスポーツ上で暴力行為を働くというのはあってはならないことなんです。

ネットではすでに、前者のフランシー選手をいかに「隠蔽するか」動いているようですが、かなり本気の殴り方なので、まずは審判の状態が心配されますよね。

 

◆蒸し返される日大アメフト事件…Twitterのbotでも

スポーツ上の暴行事件で言えば、日大アメフト事件は衝撃的だったもの。

今となってはほとぼりが冷める状態になってきているものの、炎上状態は続きましたよね。

ネットのおもちゃになってしまっているのが、あの事件でコーチを辞任した例のコーチ。ネットでは未だにいじられている状態なんです。

刑事事件にまで発展しそうな「日大アメフト事件」にも合わせて、今回の延岡学園のコンゴ共和国からの留学生も「傷害事件」として捜査されるのは必至なんです。

 

◆留学生&未成年でも?日本での処罰が予想される

バスケ 暴力 延岡学園

コンゴ共和国からの留学生とはいえど、暴行を働いたのは日本。しかも、バスケットボールの試合中というだけに、衝撃度はかなり高いんです。

もちろん留学生で未成年であれど、相手が「被害届」「告訴状」を出せば刑事事件に移行するもの。

少年法の改正によって、これまで14歳以下の刑事処分だったのが16歳以上に引き上がっていることで、コンゴ共和国の留学生の暴行も「刑事事件の処分」が予想されるんです。

スポーツ上での暴行といえば「日大アメフト事件」ですが、それ以上のインパクトを与える事件だけに、ネットはかなりの驚きと戸惑いの声が連続していますよね。

 

まとめ

右ストレートで殴られ、搬送された審判。

高校のバスケットボールの試合で「没収試合」になるなんて前代未聞ではないでしょうか。

コンゴからの留学生といえど、事態は深刻。

きっちりと刑事事件での処分がされることが予想されているんです。

この件で、ワイドショーでの「日大アメフト事件との比較」が蒸し返されることは間違いないでしょう。

バスケ 暴力 延岡学園

気になったらシェア♪