信用できない!? 酔っ払ったときに急に連絡してくる男性の心理

酔っぱったとき 連絡

夜10時も過ぎた頃、急にLINEの通知が。

彼氏でもないし、それほど親しい仲でもない男性からのLINE。しかも内容が「会いたい」といった急な連絡。

よくよくトークしてみると「お酒を飲んでいる」という状況での連絡、あなたならどう思いますか?

酔っ払ったときに女性に連絡してくる男性の心理としては、一定の特徴があります。ただ、人によって心理は様々。

「酔っ払ったときに連絡してくる男性」、その特徴を以下でチェックしませんか?

 



◆酔っ払ったときに連絡してくる男性が「体目的」が多い理由

酔っぱらい 連絡

ずばり言ってしまうと、酔っ払ったときにだけやたら連絡してくる男性は「体目的」である可能性が高いです。

日頃、何の連絡もないか、たまに連絡してくる程度の男性が、お酒の席にだけ連絡してくるのは「手軽に遊べる」という心理が働いている可能性が高いです。

そもそも男性は、好きな女性に対しては慎重になる人が多いんです。その理由が“嫌われたくない”という心理が働くため。

つまり、本当に好きな人には「酔った勢いでの連絡」をしようとする前に理性が働くはずなんです。

日頃、特に親密でもなく、しかも異性として意識していない相手なのに「会いたい」「今度、遊びに行かない?」という連絡がくるときは警戒したほうが無難でしょう。

 

◆酔っ払っているのに!? 中には「本気の恋心」を持っている男性も

酔っぱったとき 連絡

上記とは違い、酔っ払ったときにしか「好きな人への連絡」ができない男性がいるのも事実なんです。

そういう男性は、日頃「どうしても臆病で好きな女性に連絡できない」というタイプ

酔っ払ったときは気が大きくなるもので、好きな女性に対しても“勢い”で連絡してしまう人もいるんです。

日頃、心の奥底に秘めた恋心を“酔っ払ったとき”にしか表せない男性もけっこういますよ。

 

◆本気かどうかは「酔っ払った翌日からの連絡」で判断

酔っ払った男性からのLINE

どちらにせよ、酔っ払ったときの男性の意見はあまり信用できませんよね。

お酒は人を変えてしまうもので、日頃温厚な人が酒乱だったり、真面目そうな人が実はチャラかったりするのが簡単に判明するのがお酒の席だったりします。

もし、酔っ払ったときに気になる男性から連絡がきたのであれば「翌日からの連絡の内容」に気をつけてみてください。

もし酔っ払った翌日、何の連絡もなければ「体目的」だったり「一時の感情」だったりする可能性が高いんです。

ただ、翌日以降に「酔っ払った勢いでの連絡の謝罪」や「今後も連絡していいか」といったLINE等があれば見限るのはNG。本当の恋心を持った男性である可能性は高いんです。

酔っ払ったときは、男性の心理・本音はなかなか判断できないもの。

ただ、それをきっかけに「カップルになった」という人もいるので、無下に無視しすぎるのもチャンスを逃していると言えるでしょう。

 

まとめ

男性は心底は臆病な人が多く、だからこそ「お酒の席」では気が大きくなってしまうものです。

その反動で「急な連絡・LINE」がきたときには、冷静に“相手の意図”を判断したいという人は多いですよね。

本気かもしれないし、酔っ払った勢いで「寂しさアピール」かもしれない……。

人によって意図は様々。

ただ、お酒の席での連絡は「100%の過信」は禁物だと言えるでしょう。

酔っぱったとき 連絡

気になったらシェア♪