彼氏のわがままがうざい!いい男にしつける効果的な心理作戦とは

わがまま男 しつけ

大好きだった片思い。好きすぎた相手と付き合って「幸せ~」と思って過ごしていても、数ヶ月経つと相手の“嫌な部分”が見えてくるものです。

例えばよくあるのが、彼氏がわがままということ。

なんでもかんでも甘えてきて、自分のことは主張するのに人の話は聞かない……。

こんな彼氏を“いい男”にしつけることができるかどうかは、女性の腕にかかっていますよ。

 

 

◆性格による?彼氏が彼女に「わがまま」になってしまう理由

彼氏 わがまま うざい

「ヒクぐらい、彼氏がわがままで困っている」という人も多いでしょう。

付き合い始めは「かっこいい」「紳士」と思っていたのに、急にわがままになって興ざめすることもありますよね

そもそも彼氏が付き合いだして“わがまま”になってしまうのには、もともとの性格がそうだというタイプが多いです。

幼少期から両親に甘えっぱなしで、なんでも買ってくれたような親のもとで育った男の子なら、99.9%わがまま男になる可能性を秘めています

なので、数ヶ月経って急に“豹変”するというよりは、“元の性格を出してきた”という表現がぴったり。

最初は警戒していた彼氏も、少しずつ彼女に心を開いていくことで「わがままぶり」を隠さなくなってしまうんです。

でも、できればそうした彼氏のわがままは“しつけ”で解消してあげませんか?

 

◆わがままな彼氏を「叱る」のは逆効果

彼氏 わがまま

“しつける”とは言っても、ペットのように一方的に「叱る」というのは逆効果であることが多いです。

特にこの“わがまま男”にかぎっていえば、幼少期から甘やかされて育ってきたので「怒られる」ということに慣れていません。

なので、こうしたわがまま彼氏を“叱ってしつける”と逆上してしまうこともあるのが厄介……! 喧嘩中にヒートアップし、逆ギレされたなんて人もいるのでは?

わがままな彼氏は“叱る”よりも効果的な方法があるんです

それが“気づかせる”ということですよ。

 

◆わがままな男は「わがまま」だと自覚していない!

わがまま男 しつけ

はたから見れば明らかに「わがまま男」にも関わらず、実はわがまま男はその“わがままぶり”を自覚できていなケースが多いんです。

むしろ「俺って人に優しいし、心も広いし、おおらかだよね!」なんて言ってくるものだから、こちら側からすれば“イラッ”とすることがとても多いですよね。

わがままな男性の場合、わがままぶりを自覚できていない「デメリット」を教えてあげることが大切なんです

面倒ですが、指摘してあげるのも“遠回り”がベスト。と言うのも、わがまま男はプライドが高い人も多いため、直接注意されると怒ってしまうことが多いから……!

「なんで私がこいつの“しつけ”をしなきゃならないの」と嘆く人も多いでしょうが、ただ、わがまま男は“気づけば改善される”という可能性も秘めています。

デメリットを教えてあげると具体例としては……

  • ○○くん、とっても優しいし、周りの人も○○くんのこと好きだと思う。でも、たまに人の心を考えてあげるともっと喜ぶと思う
  • 私は○○くんの自分を大事にするとこいいと思う! でも、私も同じぐらい大事にしてくれる?
  • ○○くん、よく甘えてきてくれるよね。嬉しい。でも、たまには私の言うことを聞いてくれるともっと嬉しい

このように、最初は肯定してその後に自分の意見を言うことを、心理学では「YES BUT方式」と言うんです。

人は最初の言葉を脳から判断することが多いので「俺、やっぱり好かれているんだな」と思わせる作戦が大事。

日頃、甘えるのが苦手な女性にはハードルが高いと思われがちですが、将来的に「結婚」を考えている場合なども「甘え方」は大切になってくるもの。

「YES BUT方式」だと、わがまま男も“否定された”と傷つく可能性が低くなるんです。

わがまま男を持った女性の“宿命”と言い聞かせ、彼氏を「YES BUT方式」でうまくしつけてみませんか?

 

まとめ

わがまま男は、いい風に言えば「自分に素直な性格」だと言えます。なので、一途なところもあり女性側からしても“嫌いになれない憎めないやつ”と感じてしまうことは多いですよね。

ただ、いつまでも経ってもわがままだと、こちらの精神状態もきついもの。

うまく「YES BUT方式」の心理学を使い、彼氏のわがままをうまくしつけてみてくださいね。

 

わがまま男 しつけ

気になったらシェア♪