しんちゃん役の声優・矢島晶子がクレヨンしんちゃんを降板する理由

しんちゃん 声優 降板

今や「国民的アニメ」として知られるのがクレヨンしんちゃん。

何よりクレヨンしんちゃんの主人公・しんのすけのチャーミングな姿に癒やされるという人が多いですよね。

その“癒やし”を与えてくれた、しんちゃん役の声優・矢島晶子さんの“クレヨンしんちゃんの降板”が決定してしまったんです。

「自然にしんちゃんを演じることができない」

この悩みで思い出すのが、初期のクレヨンしんちゃんの声だという人も多いのではないでしょうか?

別人説もあったしんちゃん役の声の真相も合わせてご紹介します。

 

 

◆国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」の声優・矢島晶子が降板する理由

すでに大々的なニュースになっている、しんちゃん役の矢島晶子さんの降板。

矢島晶子さんによると「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」と回答しているように、声を自然に出すことが難しくなってきているようなんです。

国民的アニメを支えてきた声優だけに、ネット上ではすでに驚きの声が続出していますよね。

 

◆「クレヨンしんちゃん」といえば原作者の不審死も…

「クレヨンしんちゃん」といえば、原作者の臼井儀人さんが登山中に転落死したのも有名な話。

当時は「自殺か?」「転落死か?」と話題になったものの、結局、事故として片付けられましたよね。

国民的アニメであるがゆえに、原作者の死が「ショック」という人も多かったもの。

それ以上のインパクトを残す矢島晶子さんのクレヨンしんちゃん降板ですが、何より印象的だったのが「最初のしんちゃん役の声優は矢島晶子さんではなかった??」という疑問でしたよね。

 

◆声優冥利に尽きる?最初から矢島晶子がしんちゃん役だった

「しんちゃんは最初と途中で“声が違う”けど、最初は違う人だったの?」という声を耳にした人もいるでしょう。

ただ実は、しんちゃん役はずっと矢島晶子さんなんです。

矢島晶子さんが途中、「自然にしんちゃんを演じるようになったら、今の声がピッタリきた」と声を変更。今に至るんです。

それだけに「しんちゃん役の声が矢島晶子さんじゃなくなるのは嫌」という人は続出するのも無理はなさそう。

次にしんちゃん役を担う声優にとっては、かなりの重圧と言われても仕方ないかもしれません。

 

まとめ

SNS上でも、たくさんの悲しみの声が。また、26、7年という年月「しんちゃん役」を演じていたことに驚きの声もありますよね。

人気アニメでいえば、ドラえもんのときも違和感を覚えた人が多数。

長く「しんちゃん役」で国民を楽しませてくれた矢島晶子さんの降板はショックですが、これまでのエンターテイナー性を拍手で送りたいですよね。

しんちゃん 声優 降板

気になったらシェア♪