「誰が?」の声…元・虹コン重松由佳 セクハラ被害を提訴か

重松由佳 セクハラ被害 虹コン

虹コンこと「虹のコンキスタドール」というアイドルグループは、アイドルファンの間では密かに人気のあるグループ。

ピクシブ株式会社運営のアイドルグループで、アイドル好きには知名度が高いグループでもあるんです。

そんなピクシブ株式会社運営の虹コンの元メンバーの「セクハラ被害」が大々的に報じられていますよね。

すでにネット上では「重松由佳がA子さんではないか……」と噂に

当時、医学部を目指した頭脳明晰・容姿端麗なのに関わらず、セクハラ被害のフラッシュバックで33kgに落ちた被害は、報じられるよりも大きいものである可能性もありそうなんです。

 



◆元・虹コンの重松由佳・セクハラ被害を報告か

重松由佳 セクハラ被害 虹コン
By:KAI-YOU

ピクシブ株式会社運営のアイドルグループ「虹のコンキスタドール」を2016年に脱退した重松由佳さんは、当時、卒業理由を「受験のため」としていたんです。

頭脳明晰で、将来は「麻酔科・婦人科も考えている」と有名メディアKAI-YOU『虹のコンキスタドール重松佑佳 卒業発表インタビュー「お医者さんの夢を叶えたい」』で語った重松由佳さん。

今回のピクシブ社長による“セクハラ被害の報告”では「受験時にフラッシュバックが襲って、受験もできなかった」というほどのセクハラ被害を報告していますよね。

今、知名度も高いアイドルグループとして人気の頭角を表している虹コンだけに、セクハラ被害が発覚が事実ともなれば、「セクハラ加害者」だとされるピクシブ社長の今後も危うい状況になってしまいますよね。

 

◆元・虹コン重松由佳 医学部進学を目指しても叶わなかった理由

虹コン セクハラ被害 被害者
By:虹のコンキスタドールのまとめ集

「自己採点センター試験9割」と語ったA子さん。本番を前に、かなりの自信だったはずなんです。

元・虹コンで匿名とはいえど、自己採点センター試験が9割以上を超える頭脳明晰ともなれば、特定されてしまうのも仕方のないところでしょう。

もともと医学部進学を目指し、センター試験ではうまくいくはずだった重松由佳さん。

ただ、一つのメールがきっかけで受験が叶わなかったというんです。

それが「虹コン運営・ピクシブ社長による激励メッセージのメール」を受信してしまったことから。

BuzzFeed Japanで語ったように、受験に向けて足を運んでいたA子さんが突然“吐き気”に襲われたのが、当時のセクハラ被害を鮮明に思い出してしまうフラッシュバックによるものから。

そもそもA子さんは……

  • マッサージを強要された(1時間5000円の報酬)
  • 月給3万円だが、アルバイトを相談したところ永田社長に批判された
  • 京都旅行についてきて、添い寝させられた(マッサージのみの強要)
  • 永田社長の自宅で隠しカメラで盗撮されていた(永田社長は否定)

と、なかなかヘヴィなセクハラ被害。

そんな“苦しみ”からも開放されたいがために、虹コンを卒業した可能性も浮上した重松由佳さんだけですが、現在の姿もかなりの“激やせ具合”。

当時、33kgまで落ちた体重は今も同じぐらいで、拒食症すら患ってしまった可能性もあるんです。

同時に、受験時にも襲ってきた「フラッシュバック」により、センター試験9割以上の自己採点だったにも関わらず、当時のセクハラ被害のせいで体調不良は深刻。

せっかくの「医学部進学の夢」がなかなか進行できていない状況でもありそうですよね。

 

◆セカンドレイプだけは避けて!MeToo運動で勇気をもらったA子

もちろん「重松由佳さんがA子さん」ということを特定するのは、一般的にはNG。

仮にA子さんが重松由佳さんでも「二次被害」を恐れるはずですよね。

特にこういった「顔出ししない告白」は性的な内容が多いもの。

そもそもセクハラ被害を筆頭に、性的な被害は「フラッシュバック」「告白しても“嘘”と言われ続ける」「勇気が出ない」といったことで、泣き寝入りすることがほとんどなんです。

にも関わらずA子さんが「訴える」ことができているのが、今流行の「MeToo運動」に勇気づけられたから。

ネットではどうしても「セカンドレイプ」が頻発してしまい、しかも加害者による対策などで“火消し”もたやすい時代。

勇気を持って提訴したA子さん。

“もし”重松由佳さんだったとしても、胸を張って“医学部進学という夢”を諦めてほしくないですよね。

 

まとめ

今回のピクシブ運営・永田社長による事件が起こってからは、虹コンこと虹のコンキスタドールの公式Twitterが“永田社長のフォロー”をやめるという反乱まで起こっているんです。

運営会社ありきのアイドルグループだけに、他のメンバーのことを考えると「提訴」まで踏み切る勇気は並大抵のことではないはずですよね。

様々なセクハラ被害は裁判で争うことになるでしょうが、今後、虹コンが失脚してしまうということと、A子さんが夢を諦めるということだけは避けてほしいですよね。

重松由佳 セクハラ被害 虹コン

気になったらシェア♪