武井咲 復帰で「引退報道」を否定!SNS上での批判の声の理由

武井咲 復帰

EXILEのTAKAHIROさんとの“授かり婚”での育児休暇を経て、オファー殺到女優の武井咲さんが復帰することが決まりましたよね。

復帰時期は2018年7月で、映画「るろうに剣心」にも出演予定と、すでに女優業のスケジュールが埋まってきているとも言われています。

そんな武井咲さんの復帰でSNS上ではマスコミに対して批判の声も。

これまで武井咲さんへのマスコミによる“謎のバッシング”は多かったですが、「引退報道」を決めつけた声に対してネット上では呆れにも近い「批判」が集まっているんです。

 

 

◆武井咲 引退報道を一蹴!女優業を復帰

2017年10月の“驚きの妊娠・結婚報道”から様々な声が飛び交ったのが、武井咲さんへの女優業の今後。

「育児に専念すべきだ」という謎の勢力のバッシングもありながら、EXILEのTAKAHIROさんファンからは痛々しいほどのバッシングまで。

実は武井咲さんはネット上ではかなり“嫌われている”ということで有名で、匿名掲示板では特にバッシングが強い一人

そんな武井咲さんなので、これまで一部マスコミからも「女優業は引退か」という一部報道の声が大きかったんです

今や出産後も女優業に“復帰”する女優はおかしいことではなく、武井咲さんも“女優業復帰”で新しい顔を見せてくれそうですよね。

 

◆武井咲ファンによる「マスコミの毛嫌い」

武井咲 復帰

武井咲さんは男女両方からの支持が高い一人なものの、前出のように一部報道では“過激なバッシング”があるのも事実。

「引退報道」に対しても毛嫌いするファンは多く、SNS上でも批判の声が続出したんです

妊娠・出産でも「武井咲さんに対するバッシング」は強く、武井咲さんファンからすればマスコミは「目の敵」だったりするものだったりするんです。

 

◆日本の考えが古い?武井咲復帰での「ママとしての立ち位置」

もう一つ批判の的になっているのが「出産したのだから、家で育児していればいいのに」という40代以上の女性の声。

日本ではまだ「出産・育児=女性だけの仕事」という考えが根強いものの、TAKAHIROさんが育児をするという選択肢もありますよね。

「日本はまだまだ考え方が古いよ」というつっこみもSNS上であり、“ママ業”を強要する既婚女性こと“鬼女”の武井咲バッシングも続いている状態

「日本は色々と遅れている」と批判が相次ぐのも仕方ないのかもしれませんね。

 

まとめ

「人気やオファーがある女優」として有名な武井咲さんなので、復帰を喜ぶ声は多いもの。

ただそれと同じように、武井咲さんをバッシングする声はまた浮上してきているんです。

「引退報道」まで出された武井咲さんが、いかに女優業で「ママになった違う顔」を見せることができるかどうかにも注目が集まっていますが、武井咲さんを叩く層とファンの衝突はまだまだ続きそうですよね。

武井咲 復帰

気になったらシェア♪