Rの法則終了の理由!? 被害者特定と炎上が止まらない

Rの法則 終了 理由

元TOKIO山口達也さんが「強制わいせつ罪」を行った相手とされる“被害者”も共演していた番組『Rの法則』が終了決定。

気になるのが、被害者への炎上具合。根拠のない理由をもとに、被害者SNSの炎上はとどまるところを知らないんです。

ただ、「被害者特定」が進む中、実は“本当の被害者”はSNSを平気な顔で更新しているもの。

『Rの法則』終了と同時に、さらにバッシングが高まりそうな被害者特定。炎上もさらに高まっている状態になりそうなんです。

 

 

◆「Rの法則」終了理由=山口達也事件 被害者の炎上が続くため!?

「再契約」という可能性を残しながら、ジャニーズ事務所を契約解除となった山口達也さんの「強制わいせつ罪」はインパクトが大きすぎるもの。

未だ被害者特定はネット上で進んでいて、各方面で「被害者特定はやめて」と言われているにも関わらず、未だに被害者特定&推理によるネット炎上は続いてしまっているんです。

そもそも『Rの法則』終了も予想通りと言えますが、被害者特定が進んでしまっている以上、番組継続も難しいものに。

このままでは被害者特定がより進み、山口達也さんが加害者にもかかわらず被害者特定で「セカンドレイプ」がより進んでしまいかねない状態になっていますよね。

また、『Rの法則』の番組自体へのバッシングも続いてしまっている状態なんです。

 

◆「Rの法則」終了と同時に再燃する「山口達也の被害者は誰か」という好奇心

TOKIO解散 記者会見

被害者特定がずいぶんと進むネット上にも関わらず、まるで目眩ましをするかのように“真の被害者”を隠すような仕草がある、『Rの法則』に出演していた女性たち。

山口達也さんの一連の事件により、たとえ“真の被害者”でも「平気な顔でのSNS更新」が求められている状態なんです。

番組終了と同時に再燃するのが「被害者は誰か?」という好奇心。むしろ山口達也さんのファンからすれば、なぜか「被害者こそ悪者」なんて意見もあるのが怖いところですよね。

「いけないこと」とは分かりつつも、つい“誰が山口達也さん相手の被害者”となるのかを勘ぐる状態は、『Rの法則』が続投してしまえば続いてしまうもの。

番組継続事態が困難だったのも、この「被害者特定」の勢いにあったのは仕方のないところなんです。

 

◆反田葉月や赤沼葵…否定しても「被害者特定」が止まらない

Rの法則 終了 理由
By:@tanda_hazuki Twitter

ネット上では「もう、被害者特定はやめよう」という声と並行して「“Rの法則”の被害者って誰よ?」という声は止まらない状態なんです。

それだけ「山口達也脱退」にまで至った“TOKIO人気”と“事件の衝撃度”は大きかったもの。

実際、ネット上では反田葉月さんや赤沼葵さん、木村葉月さんなど“被害者特定の情報”と“Rの法則被害者へのバッシング”は依然、止まらない勢いなんです。

NHKが泣く泣く『Rの法則』を終了させたのも、被害者特定が止まらない勢いと、TOKIO&山口達也さんファンからの「バッシング」が相変わらず続いているという背景が強いようですね。

 

まとめ

ジャニーズファンだけでなく、TV番組で有名なTOKIOだけに“インパクト大”の今回の事件の発端は『Rの法則』。

それだけに、NHKサイドとしても“被害者特定の波”が高いままだと、現実的に継続不可能だと判断したのは仕方ないかもしれません。

ネットで炎上中の「被害者特定」は依然、とどまるところを知らないもの。

山口達也さんがジャニーズとTOKIOを脱退し、“被害者との出会いの場”ともなった番組が終了しても「炎上」はまだまだ続きそうです。

Rの法則 終了 理由

気になったらシェア♪