エロいけど下品じゃない!男性から大人気の色気ある女性の特徴

エロい 色気

女性であれば、男性ウケするような“エロさ”もある程度モテ要素として意識していきたいところ。

ですが、身の周りで「あんなに露出して…かえって下品じゃないの?」と思ってしまうくらい大胆な人もいますよね。

エロさや色気を意識しようとして失敗してしまうのは、正直避けたいところです。

では、男性から大人気になれるような、そんな「エロいけど下品じゃない」女性とはどんな人たちのことを言うのでしょうか?

 

 

◆わざと露出するのではなくチラ見せを狙う

エロい 色気

エロいけど下品ではない、そんな女性の多くは、わざと肌を露出して大胆さをアピールすることはありません、

肌を極端に露出しすぎると、男性から見て実は下品に見えることをよく知っているからです。

だからこそ、彼女たちは「チラ見せ」を狙うんです。

例えばちょっとあざとい人なら、前のめりになったときにちょっと谷間や下着が見えそうになったり、ブラひもを少しのぞかせたりなどの「チラ見せ」です。

男性はモロに肌や谷間が見えるよりも、そんなチラ見せにキュンとしてしまうことの方が意外と多いものなんです。

 

◆たれ目で唇がプルプル

エロい 色気

化粧の仕方にも、エロく見えるかどうかには差が出てきます。

例えば有名なものでたれ目メイク。たれ目の人はどこかエロそうな印象が強く、男性も初対面で「この子エロそう…」と印象を持ちがちです。

また、唇がプルプルで魅力的な人は、男性の注目を浴びやすいものです。

男性にとって、まるでキスしたくなるような唇は大好物なんです。

 

◆色っぽい「香り」で男性を魅了!

色気 エロい

上品だけどどこかエロい人は、やはり自分が放つ香りにも意識を高く持っているものです。

ムスク系の香水は無意識のうちにムーディーな印象を感じやすいので、エロいとよく言われる女性が好む香りです。

また、石鹸系の香りも実はエロいと思われやすい香りの一つです。

石鹸系と聞くとシンプルであまり癖のない香りにも感じられますが、石鹸の香りをかいだ男性は、相手の女性の「入浴」をイメージしやすくなる傾向があります。

とてもエロいですよね…。エロさを意識するなら、ぜひ香水選びにも力を入れてみてください!

 

まとめ

エロいけど下品じゃない…そんな女性になれたら、もはや身の周りの男性は全員虜に出来ると言っても過言ではないかもしれません。

「モテたい!」と思うなら、自分磨きの中に「下品じゃないエロさ」を入れてみることもぜひおすすめしますよ。

品のあるエロを取り入れることができるだけで、女性のモテ度は大きく変わるものですよ。

エロい 色気

気になったらシェア♪