服ダサ女に恋愛は無理?見た目が残念でも彼氏を作る方法とは

服がダサい女

自分のファッションセンスに自信を持っている女性って意外と少ないのではないでしょうか?

「私の服、ダサいかも…」なんて日々感じている人は非常に多いもの。

服がダサいせいで見た目が地味になってしまうと、その分恋愛のチャンスもないように感じてしまいますよね。

しかし、はっきり言ってしまえば、恋愛を成就させられるかどうかに「服がダサいかどうか」は実はそこまで関係ないんです!

今回は、見た目がちょっと残念な「服ダサ女」が彼氏を作る方法をご紹介します。

 

 

◆大事なのは結局ファッションよりも人柄

服がダサい女

結局、彼氏ができるかどうかはファッションセンスにかかっているのではなく、その人の人柄次第です。

確かにあまりにも服が地味だったりセンスがぶっ飛んでいたりすると、第一印象はあまりよくないかもしれません。人は見た目が9割とは言いますからね。

ですが、「優しい」「話が面白い」「気遣いができる」など、女性としてのモテ要素を性格の部分に持っていれば、その後の対応次第でどうとでもなります。

ファッションセンスに自信のない人は、まずはとにかく自分の人柄の部分を磨くように心がけてみることが大切です。

 

◆髪型とメイクで女は化ける

服がダサい女

女性の見た目を形作るのは、服のコーディネートだけではありません。髪型やメイクも非常に大事な要素になってきます。

どんなに服がちょっとダサかったとしても、髪型が可愛らしかったり、メイクが良ければ意外と男性ウケが狙えるものです。

メイクも大事ですが、特に大事になってくるのは意外と髪型の部分です。

髪型が可愛らしければ、なんとなく全体的に雰囲気美人を作ることができるので、服に自信がなければ髪型を磨くのもありですね。

 

◆どうしても服に自信がないなら…

服がダサい女

どうしても服に自信がないのを直したいなら、やっぱり結局のところ勉強することが大切です。

オススメは、ショップ店員さんにコーディネートを相談するか、マネキンのコーディネートを参考にすることです。

正直、雑誌を見てもどう応用すれば良いのか良くわからない人も多いでしょう。

そんなときは、相談してすぐその服を購入できる店頭が一番おすすめなんです。

ただ、意外と男性側も「その服ダサくね?」と思うほど女性のファッションに精通している人は少ないものです。

服がダサいなら、やっぱり最優先で磨いていくべきは人柄の部分です。それは変わらないでしょう。

 

まとめ

服がダサくても、女性としての魅力がちゃんとあれば誰だってモテモテにはなれるものです。

「どうせ私は服がダサいから彼氏なんてできない…」と思うのは、ただ服のせいにしてチャンスを自ら逃していることに気づけていないだけかもしれません。

服の部分以外にも、女性としての魅力をアピールできるポイントはたくさんあることをぜひ知っておいてくださいね。

服がダサい女

気になったらシェア♪