遠藤要 暴行&傷害罪へ…店員殴打で法的にはどうなるか

遠藤要 暴行

六本木のバーでシャンパンを10本以上呷るなどし、お会計時にバー店員であり、俳優の谷川功さんの顔面を4、5発殴打するという“人としてありえない事件”を起こしてしまったのが遠藤要さん。

遠藤要さんといえば、2017年に清水良太郎さんと「違法賭博問題」で謹慎処分を強いられたばかり。

にも関わらず、バー店員への暴行で「傷害罪」にも発展しそうなんです。法的にはどうなってしまうんでしょうか?

 

 

◆遠藤要 シャンパン豪飲も…「会計が高い」と谷川功を殴る

遠藤要 暴行 傷害罪
By:NAVER

すでに報じられているように、店員で俳優の谷川功さんを殴打し、谷川功さんは顔面打撲、挫傷で全治7~10日間の怪我。すでに「被害届」も警察に提出されているんです。

会計が高いと、謎のいちゃもんをつけ暴力行為を働くのは、社会人以前に人としてあってはならないもの。

相手方はすでに被害届を提出しているものの、法的には一般的に流れが2つ。

  1. 刑事事件の行方
  2. 民事事件の行方

被害者である、アルバイト店員をしていた俳優・谷川功さんの“遠藤要さんへの処罰感情”が強ければ、このまま被害届を取り下げることはないため、以前の「裏賭博問題」と合わせて書類送検・起訴の可能性も高まりそうな遠藤要さん。

すでに「事務所解雇」となっている遠藤要さんなため、後ろ盾がないために「示談」を持ちかけるのも、遠藤要さん本人になりそうなんです。

一般的に「刑事事件にならないように“被害届”を取り下げる示談依頼」の金額は、全治10日間程度であれば30万円程度。

逆に、被害者の谷川功さんが「慰謝料」として遠藤要さんに向けて、内容証明書を送付するなんてこともありえますが、谷川功さんが「被害者を取り下げない」と断固とした意思を持っている場合には、遠藤要さんも“警察のお世話”になる可能性が高まってしまうんです。

警察のお世話になるようであれば「民事事件」と同時に「刑事事件」としての取り扱いもありえますよ。

 

◆暴行・傷害罪は「泣き寝入り」ばかり…俳優の椿隆之も

遠藤要 暴行
By:椿隆之 Instagram

Lomero過去記事『椿隆之 ノンストップで告白… 重傷の傷害罪も裁判が進まない?』でも紹介したように、俳優の椿隆之さんが“被害者側”になったことは一部、有名な話。

一般男性相手に殴打され続けた椿隆之さんですが、裁判を起こしても「泣き寝入り状態」になってしまっているんです。

それだけ「殴打・暴行・傷害事件」というのは、被害者側が泣き寝入りしなければならないもの。

とは言え、加害者側にも「禁固刑」の可能性も高まってきたり、前科がつく可能性もあり。とは言え、被害者側は“殴られ損”となってしまうことが多いんです。

 

◆遠藤要をテレビで見る日はもう来ない可能性…

遠藤要 暴行
By:livedoor NEWS

仮に「示談」となり、被害届の取り下げを谷川功さんが行うと「刑事起訴」の可能性はほぼゼロに。

ただし、遠藤要さんがもう“日の目を見る”ということはありえない可能性が高まってしまったんです。

これまで俳優として、バイプレイヤー的な位置づけで活躍した遠藤要さんも、酔いにまかせた暴行・傷害罪で、もう俳優として活躍する可能性は限りなくゼロに近い状態になってしまいましたよね。

刑法204条の「傷害罪」はかなり重いもの。

遠藤要さんは今頃、何を思うんでしょうか?

 

まとめ

「暴行罪」とは違い、今回の遠藤要さんは刑法204条の「傷害罪」。相手側が診断書を手に被害届を提出しているので、暴行罪よりも重い傷害罪扱いなんです。

以前に賭博問題もあったので、警察官や検察官の心証は良くないもの。

ネット上でも「さすがに遠藤要さん、それはヤバイ」と擁護できない声が頻発しているように、遠藤要さんが俳優として活躍することは“もうない”可能性も高まってしまいましたよね。

せめて、清水良太郎さんと同様の「覚せい剤」には手を出していないことを祈りたいところですが……?

遠藤要 暴行

気になったらシェア♪