読んですらいない?LINEを未読無視されやすい女性の特徴

LINE 未読無視

LINEは恋人同士にとって大事なコミュニケーションツール。

毎日、彼氏とのLINEのやり取りを楽しみにしている女性はたくさんいるのではないでしょうか?

メッセージを送っては、「既読ついたかな…返事まだかな……」とドキドキするのも、LINEの楽しみの一つですよね。

しかしだからこそ、LINEになかなか既読がつかず、いわゆる未読スルーの状態になってしまうと悲しいですよね。不安にもなるでしょう。

既読にすらならない、未読無視って結構つらいものです。

以前、既読無視されやすい女性の特徴をご紹介させていただきましたが、実は彼氏にLINEを未読無視されやすい女性にもある程度共通点はあるものなんです。

今回は、そんな未読無視されやすい女性の特徴をご紹介していきたいと思います!

 

 

◆彼氏の「既読」にこだわりすぎ

あなたは彼氏の「既読」がどれくらい気になるほうでしょうか?

既読がついてなかなか返事が来ないと、「どうしたのかな…」「変なこと言っちゃったのかな…」と過剰に気にしてしまっていませんか?

彼氏に未読無視されやすい女性は、LINEの既読の文字にこだわりすぎてしまっている傾向があります。

そのせいで、彼氏に返事を催促するようなLINEをいつも送ってしまい、彼を困らせているのです。

そのため彼はすぐに既読にはしないように、彼女からの返事催促LINEを防ごうとしているのです。

 

◆自分自身のLINEの返事がめちゃくちゃ早い

LINE 未読無視

LINEの返事が早すぎる女性は、意外と面倒臭がられやすいと言われます。

なぜかと言うと、本人も気づかないうちに「早く返事してプレッシャー」を相手に与えているからです。

早く返事を貰ったら、相手は自然と「じゃあ早く返事しないと…」という気持ちになってしまうものです。

彼氏は、彼女と同じように早く返信しなければいけないのを防ぐために、あえて未読無視をしているのです。

直接的に返事催促のLINEは送っていなくても、自分が早く返事することで間接的に返事の催促をしているようなものなのです。

 

◆どうでもいい一言のLINEが多い

LINE 未読無視

実際にトーク画面を開かなくても、一言で終わるようなLINEは未読のままでも見ることができますよね。

例えば、「ねむい~」とだけの送るのみのLINE。

これで反応してくれる彼氏もいますが、正直TwitterのツイートのようなLINEですよね。

未読のまま確認して、「あとで返事しよう」という男性も多いはずです。

未読のままで放置されてしまいがちな女性は、「未読無視できてしまうような」簡素なLINEばかりになってしまうことが多いんです。

 

まとめ

LINEとはいえ、会話のキャッチボールであることには変わりありません。

早く彼に既読してもらって返事をしてもらいたいなら、「見たくなるようなLINE」「返事したくなるようなLINE」を送りたいところですね!

そしてあまり既読にこだわることなく、彼に未読無視されやすい人はぜひ彼の都合も考えるようにしてみてくださいね。

LINE 未読無視

気になったらシェア♪