肌休暇に失恋休暇…ナリス化粧品のような企業増加へ?

肌休暇 失恋休暇

女性にとって「生理休暇」「育児休暇」などは聞き覚えがあるでしょうが、「肌休暇」「失恋休暇」まで福利厚生が整った企業で働いたことがある人は少ないですよね。

スッキリでも放送され話題になっているのが、ナリス化粧品が導入した「肌休暇」。

季節の変わり目はお肌の変わり目と言いますが、巷で知られる“肌休暇”とは違う“本当の休暇”を取り入れたナリス化粧品の狙いとは何なのでしょうか?

 

 

◆ナリス化粧品 肌休暇を導入した理由

肌休暇

季節の変わり目はお肌の変わり目。特に春先は気温差の影響もあり、お肌の調子も悪くなりがち。

お肌が荒れると、気持ちまで沈んでしまうという人も多いですよね。

ナリス化粧品が企業として「肌休暇」を導入したのも、実はこの“気分が沈んでしまう”というところに着目しているからなんです。

面と向かってコミュニケーションを取ることが多い仕事上では、お肌が荒れているとコミュニケーションでのストレス、モチベーション低下があるもの。

ナリス化粧品が狙っているのが、肌の不調が原因のストレスをできるだけ仕事上に持ち込んでほしくないということなんです。

 

◆最近増加!? 「失恋休暇」導入の企業まで

失恋休暇

「肌休暇」でも驚きなものの、「失恋休暇」を導入する企業もあるんです。

特にアラサー以降の手痛い失恋は、女性にとって“仕事どころではない”なんて人も。

失恋のショックは他人が思う以上に大きいこともあって、人によっては「失恋で仕事どころではない……」なんて心理状況になって、気分が沈んだままの人も多いですよね。

“働きやすい職場”を狙う意味で、女性への失恋休暇を取り入れる企業も。

ナリス化粧品の「肌休暇」と同様に、これから余裕のある企業が導入することも増えるかもしれませんよ。

 

◆「肌休暇」「失恋休暇」…ネット上では共感少なめ?

肌休暇 失恋休暇

「ウチの職場は有給休暇すらまともに使えません!」と言う意見も多いのが現実の企業事情。

「プレミアムフライデー? おいしいのそれ?」なんて意見もあったように、実際に身の回りに“福利厚生がしっかり消化できていない”と感じる人も多いはず。

「肌休暇」や「失恋休暇」も、ネットでは“羨ましいけど共感できない”という意見まで。

「社畜」という言葉も定着してしまった日本。

これからは“働きやすい職場”を作りつつ、有給休暇とは違った休暇を導入する企業も増えるかもしれませんね。

 

まとめ

「働きすぎて胃がムカムカする」なんて人が多い日本。

少しでも有給休暇を取ろうとすれば「同僚に嫌な顔をされた」なんて経験をした人もいるはず。

働きすぎと言われる日本人、まずは「肌休暇」や「失恋休暇」からの定着を目指してみるのもいいかもしれませんね。

肌休暇 失恋休暇

気になったらシェア♪