ノンストップ! イマドキ入社式「親参加」の事情がヤバイ

ノンストップ 入社式

親子というのはいつになっても“仲がよい”という存在でありたいもの。

とは言っても、新社会人の門出を祝う「入社式」にまで親が参加する時代になったことがTV「ノンストップ!」でも放送され、反論意見がネット上に溢れているんです。

イマドキ入社式で「親参加」が増えている事情も、特に女性からすればドン引きですよね。

 

 

◆「ノンストップ!」アンケートでも反論多数!親参加型の入社式

入社式 ノンストップ

「ノンストップ!」放送内では、イマドキ入社式をいくつか紹介。

ほほえましい入社式もあったものの、スポットがあたったのが「親参加の入社式」なんです。

例えば、親が「入社式祝い親代表」としてスピーチをしたりする会社も増加傾向。

“いくつになっても子どもはかわいい”とは言うものの、新社会人になってまで親が「入社式」という舞台に参加することに、千原兄弟のせいじさんも「こんなん、ありえへんわ!」と呆れ顔だったんです。

 

◆入社式で親が参加することの企業の狙い2つ

ノンストップ 入社式

「入社式どころか、大学の入学式でも躊躇するで」と発言した千原兄弟のせいじさんのように、ネットでも8割以上の視聴者が「入社式に“親参加”はありえない。嫌だ」と回答。

ただ、親参加型の入社式には、企業側にとってもメリットがあるんです。

  • 親と子、両方に会社に愛着を持ってもらいたい
  • 本人が会社を辞めたいと言うとき、親が会社の代わりに相談に乗ることで「離職率低下」が可能

企業にとってはメリットがあるものの、一般的には「ありえない」という引き気味の意見が多いですよね。

 

◆マザコン増加の原因?親離れ・子離れできない男性の増加

ノンストップ 入社式

親子でも、女性と母という存在は大人になっても“友達”のような存在なのは特に違和感がないもの。

ただ、男性がいつまで経っても母に依存している姿を見ると、その男性との「結婚」を躊躇してしまう女性も多いのでは?

「イマドキ入社式」でも分かるように、男女限らず「社会に出ることの不安」と「親離れができない」という人が同時比例して増加傾向なんだとか

どうしても女性の場合“嫁ぐ”という風潮は今の時代もあるもので、男性と結婚すれば待っているのが「姑」という存在。

もし結婚した旦那さんが、いつまでも「母親離れ」ができない人だったら……?

女性にとっては、親離れ・子離れできない男性を連想させる「親参加型の入社式」に拒絶反応が出るのも当然なのかもしれません。

 

まとめ

ちなみにフジテレビは「親参加型」の入社式。

アナウンサー意見としては「最初は恥ずかしいけれども、フジテレビに入ったことを親が喜んでいる姿を見ると嬉しい。でも、やっぱり恥ずかしい」と微妙な意見なんです。

企業側にとっては多少のメリットはあるものの、言うならば「親離れ・子離れ」ができない新社会人が増えているということなのかもしれませんね。

ノンストップ 入社式

気になったらシェア♪