今井翼 メニエール病が再発!入院も必要なほどの症状とは…

今井翼 メニエール病

今井翼さんが再びメニエール病を患い、入院まで必要なほどの症状なんです。

メニエール病といえば、最近ではマツコ・デラックスさんが入院したように、軽めに見ていると怖い病気。

入院も必要なほどの症状が気になる今井翼さんですが、今後の活動は大丈夫なんでしょうか?

 

 

◆今井翼 2014年から悩むメニエール病…原因はいったい?

今井翼 メニエール病

激しいめまいや耳鳴り、眼球の横揺れなど「生きた心地がしない」とも言われるのが、メニエール病にかかったときの症状なんです。

ジャニーズやアーティストに多い病気といえば「突発性難聴」ですが、これもメニエール病と同じく三半規管のリンパが異常に分泌される症状です。

例えば、堂本剛さんの突発性難聴が有名ですよね。アーティストとしての繊細さはもちろんのこと、ストレス過多でも症状が悪化するのがメニエール病や突発性難聴なんです。

メニエール病の原因で圧倒的に多いのが、やはりストレス。他にも、生活習慣の乱れが多い人や、神経質と言われる人が悩みやすいですよ。

 

◆今井翼は?入院が必要なほどのメニエール病は手術も必要な場合も

三半規管 石 マツコ

マツコ・デラックスさんの場合は「短期入院」で“三半規管の病気”を改善したものの、メニエール病の軽度症状だと言われていましたよね。

そもそも“入院が必要なほど”のメニエール病の症状は、人によっては手術が必要なこともあるんです。

特に、症状がひどい「回転性めまい」だと、日常生活を送ることすら大変なので「内リンパ嚢(のう)開放術」を行うことも。

「メニエール病」は、三半規管の乱れ、特に内耳の過剰なリンパ液の分泌を取り除く必要があることも多く、芸能人の中にも極秘に手術をしている人は多いですよ

「ストレス軽減」の処置による入院も多いですが、極秘で手術をして“ファンにいらない心配をかけたくない”との配慮があるケースも多々。

今井翼さんも、入院期間が1~2週間以上の場合は「手術」の可能性も否定できません。

ファンからも「早く治って」の声が多い、今井翼さんのメニエール病の再発。

ストレスが原因であることが多い症状だけに、休養をするという意味でもゆっくりしてほしいですよね。

 

まとめ

メニエール病が慢性化すると、高音と低音が聞きづらくなるのも一つの症状なんです。

これまでもストレスでメニエール病を患っている今井翼さんだけに、今回の再発での処置も気になりますよね。

再発の場合、人によっては手術という選択肢も取るほど辛いメニエール病。

ファンの心配の声が多いように、めまいや耳鳴り、平衡感覚のゆれに屈せず、まずはゆっくり休んでもらいたいものですね。

今井翼 メニエール病

気になったらシェア♪