不倫してはダメな男性の特徴と不倫していい男性の違い

既婚男性 不倫

「好きな人が既婚者」「既婚者と付き合っている」という女性は今の世の中、かなりの数いると言われます。

不倫系ドラマが多かったり、「セカンドパートナー」という言葉が浸透したりで“罪悪感”が軽減されそうな雰囲気なものの、既婚者との恋愛には危険ばかり。

とは言え、世の中の男性全てが「同じタイプ」とは言い難いもの。

中には「不倫して大丈夫な既婚男性」もいれば「決して不倫してはいけないタイプの男性」もいますよね。

 



◆優しすぎる既婚者との不倫は危険?

不倫してはダメな男性

まず、不倫してはダメなタイプの既婚男性が“優しすぎる”という人。

妻子持ちにも関わらず、夜はもちろん、土日まで何とか都合をつけて連絡してきてくれたり、会おうとしてきてくれたりする男性は、優しいがゆえに「危険」なんです。

優しすぎる男性の中には「優柔不断」という、不倫をしては最もいけないタイプの男性もいますよ

奥さんも大事だけど、不倫している女性のこともほっておけない……!

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざにもあるように、最終的に奥さんからも不倫相手からも愛想を尽かされる男性の特徴の一つが、優しすぎるということなんです。

 

◆あくまで割り切り!奥さんも不倫女性も大事にする男性は…

既婚男性 恋愛

好き or 付き合っている男性が既婚男性でも、「俺、奥さんのこと本当に大事なんだよ」と言ってくると何ともいえない気持ちになりますよね。

一件、冷酷非情タイプの男性に見えるものの、こういった割り切ることができる男性ほど不倫向き。

「既婚男性だから、不倫だけの関係……」と女性側は思っていても、男性が中途半端に優しいと“その先”を期待してしまいますよね。

その点、冷酷非情タイプは「奥さんは大事。でも、君も大事」と、あくまで“不倫関係”であることを現実的に教えてくれる存在

どうしても好きな相手がこのタイプの場合、後腐れなく付き合うことができるメリットもあるのが“不倫向き”なんです。

 

◆嘘つき既婚男性とは不倫しない方がいい理由

既婚男性 不倫

中には、奥さんにも不倫相手にも都合のいいように、両方の女性に嘘をつき通そうとする男性もいます。

ただ、こういった男性は最終的に「都合の良さ」に逃げる傾向があるので、不倫相手としてはおすすめできません。

嘘つき男性ほど、自分の身を守ることに必死。なので、不倫が奥さんバレしたときには「家庭のために別れる」と、すぐに捨てられる危険性も高いんです

嘘つき男性より、「俺はお前とは不倫にしかすぎない」と割り切られる方が、まだ不倫相手としてはマシかもしれません。

 

◆既婚男性との不倫に期待はNGでも…愛人関係を貫く関係の良さ

婚外恋愛 不倫 違い

「戸籍上の幸せ」は手に入れることができなくても、芸能人に多いのが「愛人関係にある男女の関係を貫く」という男女の関係なんです。

既婚男性との不倫に期待はNG。いくら自分に優しくしてくれても、相手に家庭があるかぎりは「本当の幸せ」は手に入れにくいと感じてしまいますよね。

ただし、Lomero過去記事『池田有希子&モーリー 事実婚が日本で浸透しないワケ』でも紹介したように、今の世の中「戸籍」にこだわらなくてもいいと考える人もいるんです

「しょせん、愛人関係なのか……それとも、愛人関係でもお互いが幸せならいいか……」

既婚男性との不倫はおすすめできないものの、どうしても好きな人が既婚の場合、お互いの幸せの価値観を考え直すことも大事かもしれません。

 

まとめ

基本的に男性は「おいしいとこ取り」と言われる生き物。不倫相手の前ではいい顔をしていても、家庭にいるときにしつこく連絡してくる女性のことを「ウザい」と思っているかもしれません。

反面、「二兎を追う者は一兎をも得ず」とは言うものの、中には独自の考えで、家庭を持ちながらも不倫相手との将来を考えるという稀なタイプも。

大やけどの可能性もある「既婚男性との恋愛」はおすすめできませんが、必ずしも「不幸になってしまう」とは言い切れないのが、不倫にハマってしまう男女が多い理由なのかもしれませんね。

既婚男性 不倫

気になったらシェア♪