この人もしかしてヤバい…!? 束縛彼氏になる男性の条件3つ

束縛 彼氏

幸せな恋愛に、一定の自由は必要なものです。

束縛されて自由がなくなってしまうと、やがてギスギスしたムードになってしまい、幸せなはずの恋愛を何も楽しめなくなってしまいますね。

彼氏を作る際、たくさんの男性と出会って交流を深めるでしょう。

以下のような特徴を持つ男性は、付き合って「束縛彼氏」になる可能性がありますので、避けておいた方が身のためかもしれませんよ?

 

 

◆自分の話が大好き!ナルシスト&束縛基質の男性

男性 束縛

いわゆる自分大好き・ナルシストタイプの男性ですね。

合コンや飲み会の場でも自分の話ばかりする男性は、プライドが高く、周りを自分の思うがままにコントロールしたいという気持ちが強い場合が多いです。

人の話を聞かないタイプの男性、自分中心な行動が目立つ男性は、付き合うと彼女を束縛しようとしてくる傾向があります。

自分の思い通りに事が進まないと気が済まないため、自分が会いたいときに彼女にそばにいてもらわないと不機嫌になってしまうんです。

 

◆寂しがり・依存体質は「束縛しやすい」?

束縛 彼氏

寂しがりと聞くと、なんとなく女性の方が多い印象を受ける人もいるかもしれません。

しかし最近は意外とそうでもなく、彼女に依存してしまうタイプの男性、甘えてほしいというよりも甘えたいタイプの男性が増えてきています。

寂しがりな男性は、とにかく彼女にいつも一緒にいてもらわないと不安で仕方がありません。

話していて、「この人あまり男らしくないなぁ…」と思ったら、距離を取った方が賢明かもしれませんね。

 

◆こだわりが強い男性も「ソクバッキー」に!?

彼氏 束縛

自分のルールがあるなど、こだわりの強い男性は、束縛彼氏になるか、むしろ放っておかれるタイプの彼氏になるかで両極端である場合が多いです。

放っておかれるタイプであればまだ幸いかもしれませんが、束縛彼氏になる方だったら大変ですよね。

こだわりが強いと、そのルールやこだわりを彼女にも押し付けようとすることがあります。

「〇時に必ず連絡を取る」なんてルールを強いられたら、仕事や遊びの予定があるなかではなかなか大変ですよね。

そのこだわりが束縛につながることが時として起こってしまうんです。

こだわりの強い男性には少し注意しておきましょう。

 

まとめ

束縛彼氏になる可能性を秘めている男性についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

なるべく束縛とは無縁で恋愛を楽しみたいですよね。

お互いを求めあうのは素敵なことですが、限度というものもあります。

負担をかけ合うことは別れにも繋がりますので、束縛にいいことなんてありません。

困った男性にひっかからないよう、彼氏選びには注意してくださいね。

束縛 彼氏

気になったらシェア♪