矢吹春奈 刺青から見えるくびれがすごい!刺青を入れる理由も

矢吹春奈 入れ墨

矢吹春奈さんが自身のInstagramで見せている「ペイント刺青」が話題になっていますよね。

1984年12月18日生まれの矢吹春奈さんといえば、グラビアとして出ていた頃から大人気だったスタイルの良さも注目されがちです。

矢吹春奈さんの“くびれ”にも注目が集まりますが、そもそも「なぜ、裏社会の女性も刺青を入れるのか」と気になる人もいるのでは?

 

 

◆矢吹春奈 タトゥーが映える!くびれとスタイルの良さが抜群


By:矢吹春奈Instagram

矢吹春奈さんの“ペイント刺青”が話題になっているものの、何より注目が集まっているのが“くびれ”。

細いラインと女性らしい妖艶さを兼ね備えたスタイルなので、男女問わず好評の声がネット上から集まっているんです。

2009年時点の公表のスタイルは、83-58-86 cmとまさに“女性がなりたいスタイル”の見本だったりもしますよね。

 

◆「日本で一番悪い奴ら」でも分かった?女性も刺青をいれる理由

矢吹春奈 入れ墨
By:矢吹春奈Twitter

最近の女優は「三十路を過ぎても若々しい」という人が増えていますが、矢吹春奈さんの場合は年齢相応の“美貌”が話題になりがち。

なので、警察の裏側と極道の世界を描いた2016年の映画「日本で一番悪い奴ら」のホステスは適役だったんです。

艶めかしさに加え、女性らしさと年齢相応の目力が役にハマっていた矢吹春奈さんですが、矢吹春奈さんのペイント刺青を見て「女性がなぜ、背中に刺青を入れるのか」と疑問に思った方もいるのでは?

もともと、極道の世界では昔は「刺青」を入れるのが当たり前だった時代。その男性と“一生寄り添う”という意味をこめて、他の男性と”寝ない”ということを理由に、背中に刺青を入れる女性もいたんです

今の時代こそ、刺青を入れるどころか「刺青を消したい」と数百万円払う人も多数。

一時期、オシャレ感覚で刺青を入れた後、後悔している人も多いんです。

 

◆オシャレ感覚が失敗に…今の時代に合わない「刺青」

刺青

一時期、オシャレ感覚でタトゥーを入れた人もいますよね。

ただ、そういった”オシャレ感覚”が今の時代、後悔をする人が増えているんです。

刺青が入っていれば温泉にもいけない、プールにもいけない、別れたカレと一緒のタトゥーを背負っていくことに虚しさすら感じる…なんて人も。

そもそも刺青は、「極道の世界」に足を踏み入れる人が”人生を背負う”という意味があってこそ。

オシャレ感覚でタトゥーを入れた人の多くが、200~300万円のお金を用意して「除去手術」を行うなんて例も多いですよね

今の時代、経済家した裏社会組織の面々も「シノギのために、“刺青”は入れない」なんて人が多め。

むしろ「日本で一番悪い奴ら」で描かれる“警察組織の事情”のほうがドス黒い世界だと言えるかもしれませんよ。

 

まとめ

抜群のスタイルと、きれいなペイント刺青を自身のInstagramで公開した矢吹春奈さん。

きれいな刺青にも注目が集まるものの、多くの人の視線を釘付けにしたのが“くびれ”ですよね。

2016年に公開された「日本で一番悪い奴ら」では、矢吹春奈さんのセクシースタイルをより見ることができますよ。

もともと矢吹春奈さんファンだった男性からすれば、くびれの美しさ以上に釘付けになってしまう場面もあるかもしれませんね。

矢吹春奈 入れ墨

気になったらシェア♪