彼と初めての同棲!これだけは注意しておきたいことって?

同棲 注意点

彼氏と同棲なんて、最初はとにかく楽しみや幸せしかないですよね。

大好きな彼と一緒に住めて、いつも一緒にいられるなんて素敵な話です。

でも、同棲って実はけっこう大変なことも多いんです。

同棲を機に仲が悪くなり、最悪の場合破局してしまうカップルも少なくありません。

せっかく同棲をするならもっともっとラブラブになりたいですよね。

今回は同棲で注意すべき点をまとめてみましたので、以下のことだけは気を付けてみてくださいね。

 



◆家事・生活ルールは適当にしない

同棲 注意点

恋人同士だから助け合って何でもできると思いがちですが、同棲でまず喧嘩しやすいのが「お互いの家事ルール」についてです。

どれだけラブラブなカップルでも、生活サイクル、家事の仕方などはいろいろ違うもの。

ごみを捨てるタイミング、掃除の頻度、寝る時間、一人の時間が欲しいかどうかなどなど、細かい場面で「ちょっとこれは気になるなぁ…」と思える部分は出てくるものです。

家事や生活のルールは適当にしてしまうと、いつも喧嘩ばかりで失敗しやすいですよ。

家事を当番制にしたり、ある程度生活サイクルを決めるなど、ルールは負担でないレベルで決めた方が良いんです。

 

◆同棲中はお金関係の喧嘩はしない

同棲 注意点

カップル同士とは言っても、同棲するとお金で喧嘩になることも多いものなんです。

「今月私は電気を節約してたから折半はイヤ」と片方が主張したとしたら、けっこう話はややこしくなりますよね。

光熱費や食費、家賃などはどう負担し合うか、この点も逐一話し合うようにしておいた方が賢明です。

お金で喧嘩するなんて、カップル同士一番やりたくないことですよね。

ちなみにオススメは、気持ちよく何も考えずに全部折半することです。

 

◆同性カップルは注意!家でばかりゴロゴロしない

同棲 注意点

同棲を始めると、外出でのデートが減りやすくなります。

いつも家で一緒だからですね。

つい外に出るのが面倒に感じてしまって、一日二人でゴロゴロ…なんてことも珍しくありません。

外にもデートに行かない、いつも家で一緒、これでは関係にマンネリを感じてしまうのもすぐです。

ほどよい刺激を受けつつラブラブでいるためにも、休日はなるべく出かけるようにはしておきたいところですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

大好きな彼との同棲だから大丈夫と調子に乗っていると、意外と失敗してしまうことも多いものです。

同棲は憧ればかりでは成立しないのも事実!

お金や生活など、リアルなことがからんでくるものなので、彼としっかり話し合って快適な生活ができるように心掛けましょう。

同棲 注意点

気になったらシェア♪