痩せる!椅子の座り方次第でポッコリお腹を解消

痩せる 椅子

年齢を重ねると代謝が下がって、なかなかお腹の脂肪が取れにくいですよね。

ただ日頃、椅子の座り方次第で「ポッコリお腹になるか、スリムになるか分かれる」といっても過言ではありませんよ。

痩せるには、日頃いかに「椅子に正しく座るか」もポッコリお腹を解消するためには大事なんです。

 



◆骨盤が後傾する原因!座り方一つで「ポッコリお腹」の原因に

痩せる 椅子

ずばり、太りやすい座り方ってあります! 特に“楽な姿勢”を求める人は、骨盤が後傾して太りやすいと言われますね。

  • 脚を組んで座る
  • 椅子に深く腰掛けて座る
  • 太ももを意識せずに座る(太ももが開いた姿勢)
  • 足が地面についていない

特に「足を組む」「椅子に深く座る」というのは、猫背の原因になりやすいです。しかも、骨盤が歪み“内臓の働き”が悪くなるのものウィークポイント。

年齢を重ねると「内臓の働き」も弱りがち。つまり、代謝が下がることでカロリー消費も下がってしまうことになるんです。

座り方一つで「ポッコリお腹」を解消できるかどうかが分かれるならば、しっかりと正しい座り方をマスターしておきたいですよね。

 

◆バランスボールが理想!難しいなら「L字型」の座り方でダイエット

ポッコリお腹を解消するためのグッズの一つに「バランスボール」があります。デスクワーク時、もし許されるのならバランスボールに乗ったまま仕事をすると、ダイエット効果も高まりますよ。

ただ、職場でバランスボールが許されているというところも多くはないですよね。

そんな方は「L字型」の座り方を意識しましょう。

ダイエット 椅子

背中は背もたれを使わず、腰も前傾を意識。足の裏はきちんと地面につくようにして(ヒールの場合でも足は組まない)、骨盤の歪みを防ぐ意識が大切です。

ただ、この座り方に慣れていないと“上半身が疲れる”ということになりがち。

最初は短時間で続け、できればバランスボールで慣らすのが理想なんです。

 

◆太ももに意識がなさすぎ!ダランとした脚の座り方は下半身デブに…

ダイエット 椅子

座っている時「太もも」に意識はいっていますか?

足の裏が地面に接していない人ほど、太ももへの意識が足りないはず。ともなれば、上半身の体重が腰からお腹に集中し、骨盤の歪みの原因にもなるんです。

なので、足の裏を地面に接地する意識と合わせて、太ももを揃えて座るということを意識しましょう。

“座ったままのダイエット”の一つに、膝と膝の間にボールを挟んで座ることが効果的なんです。最初は太ももがプルプル震えるかもしれませんが、慣れれば太もものシェイプアップにもなって一石二鳥ですよ。

 

まとめ

日頃、ダイエット意識があっても座っているときはつい、楽な姿勢を求めがち。

特に「猫背」と連鎖して、ポッコリお腹になる人は多いですよね。

座り方次第では、座りながらのダイエットも可能なんです。つい、デスクワークに集中して楽な姿勢で座りがちですが、今回ご紹介したポイントを抑えて、“座りながらのダイエット”を意識しませんか?

  • L字型の座り方を意識
  • バランスボールに座るのも効果的
  • 太ももに意識を置く
  • 辛い時は「短時間」から始める

デスクワークは呼吸も浅くなりがち。

健康的な座り方を意識して、ダイエット効果も高めたいですね!

痩せる 椅子

気になったらシェア♪