カーリング女子が嫌いな理由&キャバ嬢が好きな男の類似点

カーリング女子 嫌い

ネットで飛び交い波紋を呼んでいるのが「カーリング女子が嫌い」という声々。

ネット掲示板でもこの件では、「女の本質が見える」だとか「女の世界は怖い」という感想がかなり多め。

そもそも“カーリング女子 嫌い”と検索窓にも出てくる事態になっているのには、もともと「女性だけの集団」を嫌う心理の表れですよね。

まるで「キャバクラの世界」にどっぷりと浸かっている男性のようで、“女性集団を観る女性の目”の導線に火をつけてしまっているんです。

 



◆大活躍で大人気のカーリング女子!男性から応援の声々

「そだね~そだね~」の声に“イラッ”としてしまっている女性がネット中に増殖中なんです。

Twitterを見ると、その声々にドン引きするかも……?

  • 可愛くないのに、彼氏が「カーリング女子、可愛くね?」ってきいてきてイラッとした
  • 掛け声がなんかイラッとする
  • カーリング女子の「私たち、可愛いでしょ」って雰囲気が嫌い

もはや“言いがかりレベル”のネット上の「イラつき発言」に、男性は女性の“本音”が何なのかわからないという人も多いですよね。

よく芸能人ではあの辻希美さんが“同性から叩かれる”と話題になるものの、「女子が嫌いな女子」には様々な理由があったりするのが怖いところ。

例えば、あのキャバクラの中の“キャバ嬢の人間関係”にも似ているところがありますよ。

 

◆「カーリング女子が嫌い」という声に酷似?キャバクラの世界との共通点

カーリング女子 嫌い

「カーリング女子が本当に嫌い」と飛び交うネットの声に似ているのが、キャバ嬢同士の人間関係。

お水の世界は“華やか”とばかり思われがちですが、フタを開ければ人間関係のドロドロ具合がヤバイんです。

例えば、嫌いな子のドレスを汚したりだとか、お客の前でぶりっ子の女の子に対しては“はぶり”といったいじめも多め。

まるで女子校のような“ドロドロ具合”は、女にしか分からない“イラつきポイント”があるんです。

それが、男性が可愛いと思う女性がしたたかなところ。

例えば、自分の彼氏や旦那が「“ぶりっ子”に可愛い、可愛い」と言っているのを見ると、「なんで女の本音が分からないの?」とイライラしますよね。

お水の世界と比べると失礼なほどの「カーリング女子」の頑張り具合ですが、どうしても「嫌い」と生理的に感じてしまう女性は多いよう。

身体能力というよりも「チームワーク」「テクニック」「パフォーマンス」が求められる競技だけに、男性の視線も“女性の可愛さ”に目が行ってしまうのかもしれませんね。

最近多い「女子が嫌いな女子」を叩く雰囲気は、まるでキャバクラのキャスト同士の“上辺だけの笑顔”に似ているかも。

その「キャバ嬢に惚れる男性」を見てイライラする女性に近い心理が、「カーリング女子が嫌い」という声を生み出しいるもの。

「日本人、そんなにカリカリすんなよ!」という声が多くなっていることに、少し寂しさすら感じてしまいそうですね。

 

まとめ

「カーリング女子が嫌い」という声の他にも、最近はネット上で“芸能人を叩く”ということが多め。

前出の辻希美さんはもちろん、“女子が嫌いな女子を叩く”というのは、もはやそれほどめずらしくないことなんだとか。

あくまで「カーリング女子」はテクニックやパフォーマンスを重視し努力してきたアスリート。

あまり目くじらを立てても仕方ないので、せめて「男は女の可愛さに弱い」とため息をつくぐらいにしておきませんか?

カーリング女子 嫌い

気になったらシェア♪