小室圭氏の新興宗教報道 借金問題以上に危険だと指摘され…

小室圭 宗教

皇室に戸籍はなく、そうそう簡単に“ご結婚”とはならない難しさもあってか、秋篠宮家が推奨していた「自由恋愛」を存分に味合われたものの、今は理不尽な思いをされているのが眞子さま。

ナイーブな皇室問題だけに、あまりに騒がれるのもご本意ではない眞子さまも、小室圭さんの“身上”を浮き彫りにされることには“心労されている状況”なのは間違いなさそうなんです。

もともとご婚約されたお相手、小室圭さんが“問題視”されていたのが「借金問題」。その引き金が、小室圭さんのお母さん・小室佳代さんにあると報道され続けています。

そんな“小室家の家系”を脅かす報道が、「大山ねずの命神示教会」という新興宗教問題なんです。

 

 

◆そもそも小室家の「借金400万円」が浮き彫りになってしまった経緯は

小室圭 宗教 借金

眞子さまの左手の薬指から指輪がなくなったことで「婚約破断か?」という噂も行き交ったものの、それだけ週刊誌による報道が立て続けにあるから。

もともと宮内庁は「フェイクニュースには断固たる対応を取る」としていたものの、連日の小室圭さんのニュースが鳴り止むことがないですよね。

借金問題が浮き彫りになってしまった小室家なものの、「お金を預けた」と主張し「返してもらいたい」という“竹田さん”による証言は、小室圭さんのお母さんがバッシングされてしまう原因に。

その“竹田さん”が主張するには、もともと小室圭さんの大学入学時に「200万円以上の残高」を証明しなければならなかったことからなんです

『週刊女性』は他にも、「小室圭さんの留学費用・アナウンサースクールの学費」なども“竹田さん”が負担したと報道。

「今は、少しずつでもいいから返済してほしい」と懇願する“竹田さん”の証言が真実なのであれば、小室圭さん自身に対しても批判が出てしまうのは仕方のないとこなんでしょうか?

また「借金問題」に加え、母・佳代さんの皇室への対応も批判されてしまう原因になりましたよね。

 

◆小室圭氏の母 佳代さんの皇室への借金対応からバッシングが続く…

小室圭 別人
By:AERA dot.

『週刊女性』によれば、借金問題が立て続けに報道された後、母・佳代さんの皇室への「借金肩代わり懇願」が報道されてしまうことに。

ネットでは「一般家庭でもありえないこと」「皇族を何だと思っているのか」と、まさに火の車以上のバッシングを受けてしまうことになったのが、小室圭さんの母・佳代さんでしたよね。

その佳代さんが傾倒していると言われ『週刊新潮』から報道されているのが、小室家の“新興宗教への傾倒の可能性”なんです。

 

◆週刊新潮報じる 小室家が傾倒した可能性がある「大山ねずの命神示教会」

小室圭 宗教

新たに『週刊新潮』によって報じられたのが、小室家が傾倒していた可能性がある新興宗教。

それが「大山ねずの命神示教会」。実はこの宗教が“いいイメージ”を持たれていないのが、過去に入信していた信者と言われる人が「藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件」という事件に関与していたからなんです。

室内ではカセットテープレコーダーから流れる音楽を聴きながら、2人の男女が男性の遺体を一心不乱に解体していた。署員らが声をかけても、遺体の解体作業を止めようとせず、「悪魔払いをしている」とうわごとのように繰り返すだけであった。

ただ、小室家が現在「大山ねずの命神示教会」に関与しているかどうかは謎。

というのも、小室家といっても佳代さんのお母さんが「大山ねずの命神示教会」の信者だったことが報道されているからなんです。

未知数な部分もあり、「小室家が宗教に傾倒している」というのは不確定要素。

とは言え、これまでの小室圭さんに対する週刊誌のバッシングは“異常なほどの叩き方”がありますよね。

借金問題の噂のみならず、こうした宗教問題の噂ばかりが出てくることで“不可解な力”が陰で動いていると指摘するネット上の声も多いんです。

 

まとめ

Lomero過去記事『小室圭氏 「別人疑惑」の噂広がる…海の王子の正体は』にもあるように、SNS上では小室圭さんの素性を疑う声も見られるんです。

せっかくの秋篠宮家が推奨する「自由恋愛」の末のご結婚を目前にされていた眞子さまからすれば、この騒動の沈静化を待つしかないんでしょうか……?

ご婚約の儀式が延期された年が、東京オリンピックが開催される2020年。

二人の愛は、東京オリンピックが始まる2020年に聖火のごとく、再び燃え上がることができるんでしょうか?

小室圭氏 「別人疑惑」の噂広がる…海の王子の正体は

2018.01.23
小室圭 宗教

気になったらシェア♪