背中のセルフマッサージでコリ解消!おすすめ道具も

背中 セルフマッサージ

背中のコリが続くと、吐き気や倦怠感、ひどいときには不眠や息がしにくい感じを覚える人も多いんです。

毎日マッサージに通いたいけど、時間や費用面で負担な分、「セルフマッサージ」で解消したい方もいますよね。

コリ解消のために、道具を使ってセルフマッサージをしましょう。

 

 

◆背中のコリ解消には毎日のセルフマッサージ!バランスボールもおすすめ

運動しないでOK!ポッコリお腹を解消する方法』でもおすすめしたバランスボールは、ダイエット以外にも“コリ解消”にうってつけ。

特に、毎日がデスクワークで猫背気味の人は家にあって損はありませんよ。

肩を開くことができていない人が感じやすいのが、「背中のコリ」。なので、入浴後にゴロゴロするような意識でバランスボールに乗ってみましょう。

コリ解消のコツは「脱力感」を覚えることができるかどうか。波に乗っているような感じで、ゆらゆらと揺れるように背中を脱力するのがおすすめですよ。

 

◆背中や腰の頑固なコリにおすすめな「La・VIE(ラ・ヴィ) かたお」

背中のコリにおすすめなのがボール状の道具。テニスボールなんて使う人は多いですよね。

テニスボールもおすすめですが、市販のものでおすすめなのが「La・VIE(ラ・ヴィ) かたお」なんです。

La・VIE(ラ・ヴィ) かたお

使い方も幅広くて、座っている時に背中に押し寄せるもよし。寝ながら、背中のツボを押しまくるのもよしなんです。

バランスボールを使ったセルフマッサージのように、ゆらゆら揺れながら背中のツボを押しながらセルフマッサージしてみてください。

ポイントは、“痛気持ちいい”と感じる部分を押しながら脱力すること。吐き気などを感じやすい原因にもなる「肩甲骨周りのコリ」にもおすすめなんです。

 

◆ヨガポールとバランスボールを併用!背中のコリ解消

背中 セルフマッサージ

ヨガポール(バランスポール)は、セルフマッサージに特におすすめ。縦に使うもよし、横に使うもよしの嬉しい一品なんです。

ヨガポールを使うときにも、ゆったりとした動きと脱力感を感じることが大切。

ボール状の道具が「ピンポイント」を狙うのに対して、ヨガポールは「広範囲のコリ」にアプローチができるのがおすすめですよ。

日頃の姿勢を見直すこともでき、セルフマッサージの習慣がつきやすい“手軽さ”もおすすめのポイントなんです。

 

まとめ

猫背が続くと、吐き気や倦怠感がひどくなりがち。特に、肩甲骨周りの部分が凝っているという人は多いですよね。

背中は手が届きにくいので、できれば道具を使ったセルフマッサージをすることが大切ですよ。

ご紹介したセルフマッサージの道具を使って、日頃の体のコリを解消してくださいね。

背中 セルフマッサージ

気になったらシェア♪