GENKING 性転換手術でより美人に!「本当の女性」へ

GENKING 性転換手術

「ノンストップ!」にも出演し、自身が性転換手術を受けたことを報告したGENKINGさん。

2013年にInstagramで話題になってから、「綺麗すぎる“オネェ”」と話題になりましたよね。

そんなGENKINGさん、当時から「美人」という声もあり、“女性より女性らしい”という声も多かったんです。

性転換手術を受けて“本当の女性”になったことで、GENKINGさんもご満悦の表情でしたよね。

 



◆女子より女子!GENKING 美人すぎなものの「オカマは病気」と発言で話題に


By:GENKING OFFICIAL Instagram

ユニセックスだと語ったり、日によって気分が変わるとも語っていたGENKINGさん。

とは言え、実はGENKING自身のInstagramの“ある事”が話題になりましたよね。

GENKINGさん、平成28年に「性同一性障害」の診断を受けていたことで、その頃から「性転換手術」を考えていたのだそう。

ユニセックスで「中立的」と語っていたGENKINGさんだけに、完全に女性になるという選択肢を取ったことも話題になっていますよね。

“女性らしさ”と“男性らしさ”の部分を考えたときに、やはりGENKINGさん自身の“男性らしさ”が体からくるものだと痛感したんでしょうか。

より美人になったことで、GENKINGさんが「女性タレント」として活動する日も近そうなんです。

 

◆急に美人になったのは気のせいではなかった!2017年5月に性転換手術


By:GENKING OFFICIAL Instagram

「ノンストップ!」でも、自身が2017年5月に性転換手術を受けたことを告白したGENKINGさん。

実はこれまで、「急にGENKINGが綺麗になった」だとか「美人になったよね?」というネット上の声は多かったんです。

より“女性らしさ”がUPしたGENKINGさんだっただけに、整形などの噂もあったもの。

まさか「性転換手術」を受けていたとは、あまり予想する人はいなかったよう。

GENKINGさんは戸籍上でも、「元輝」から「沙奈」から本名が変わったんです。

“第二の人生”として、女性でのスタートを切ったことで、同じ悩みを持つLGBTの方からは称賛の声も相次いでいますよ。

これからは今まで以上に、「美人女性タレント」として、表舞台で活躍できそうですよね。

 

まとめ

世界中に、当時のGENKINGさんのように「性同一性障害」で悩むLGBTの人は多数。

ただ、自身の葛藤と同時に「性転換手術」に踏み切ることができる人は少数派なのでは?

費用面もさることながら、どうしても周囲の理解や自身の体の問題に葛藤する人も多いのが「性同一性障害」と「性転換手術」。

GENKINGさんのように、自身との葛藤と戦った末に「本当の自分」を手に入れる人の“喜び”は、それまでの葛藤の“苦しさ”を超えられるものなのかもしれませんね。

GENKING 性転換手術

気になったらシェア♪