坂上探検隊が炎上!狩野英孝 サバンナ撮影に批判の声続出

狩野英孝 サバンナ

サバンナといえば、野生の動物の宝庫。

“野生の勘が働いて”と、例の謝罪会見で漏らした言葉は「坂上探検隊」の撮影からきていたと語った狩野英孝さん。

その「坂上探検隊」でのサバンナ撮影が、思いの外に炎上中なんです。

ネット上では、狩野英孝さんを心配する声が相次いでいるものの、TV番組といえば“やらせの温床”であることを知らない人を囲い込むことに、TVマンからは失笑も……?

 



◆狩野英孝 チーターやライオンにガブッ!野生ではない動物でも危険?

狩野英孝 坂上探検隊
By:狩野英孝 Twitter

視聴者を色々な意味で驚かせたのが、「坂上探検隊」でライオンやチーターに襲われた狩野英孝さんだったんです。

番組内では「私有地での撮影」であり、「あくまで“野生ではない”動物」への“自撮り撮影”を挑んでいると但書があったものの、狩野英孝さんの身を案ずる声でネットは炎上。

安全な状況で撮影されたというものの、スタッフの「狩野さん! 自撮り!自撮り!」という声に視聴者も激怒。

と言うのも、狩野英孝さんがチーターに噛まれているときにもスタッフが“執拗に自撮りを迫った”というネットの感想が多いからなんです。

確かに、野生ではなくても動物は動物。いくら人馴れしていて「やらせ」だと分かっていても、万が一のことがないわけではありませんよね。

 

◆ネットがTVをつまらなくしている!? 狩野英孝の身を案ずる声にため息も

狩野英孝 坂上探検隊
By:狩野英孝 Twitter

狩野英孝さんも“納得の撮れ高”だった、坂上探検隊のサバンナ撮影。

「狩野英孝さんの身の危険を考えて!」「気分悪くなったわ。フジテレビもう見ない」「あばれる君も含めて、ちょっとやりすぎじゃない?」というピュアな声が飛び交うネット上は、なぜか炎上状態に。

確かに、身の危険がゼロではないものの、あまりに過保護なネット上の声に対して一部では、「興冷め。テレビはどうせ“やらせ”なんだから、身を張ってるように見えるだけ」という冷ややかな声もあるんです。

ネット上のバッシングで、番組が炎上&謝罪というのはよくある昨今。

サバンナで高笑いをしていたディレクターも、いかに“やらせ臭”を隠すことに必死だったのかもしれませんが、狩野英孝さんの「真剣な姿」=「恐怖」を同情する視聴者が多かった結果になってしまいましたよね。

 

まとめ

ちなみにフジテレビは、「嫌なら見るな」のナイナイ岡村隆史さんの“フレーズ返し”が揶揄されるもの。

視聴率にあえぐフジテレビだけに、いかに高い撮れ高を取れるかも重要なポイント。

とは言え、“出川哲朗の後継者”と言われる狩野英孝さんに「身の危険」を感じさせることはNGなようです。

TV番組作りは、もっと過保護にならざるをえないのかもしれませんね。

 

Eye-catching image by

狩野英孝 Twitter

狩野英孝 サバンナ

気になったらシェア♪