恋愛で鈍感 or 敏感な女性…どちらが男性からモテる?

恋愛 鈍感 敏感

「あの人はマメだから“モテる”」と思いきや、なかなか彼氏ができないなんて愚痴をこぼしていませんか?

確かに付き合っているカップルの中には、「お前、ちょっと鈍感すぎ……」とため息をつかれることもありますよね。

でも恋愛では不思議なことに、敏感な女性ばかりがモテるとはかぎりません。むしろ、鈍感な女性がモテるってことだってあるんです。

 

 

◆マメで頼りになる!敏感な女性なのに意外とモテない理由

恋愛 敏感 鈍感

連絡もマメで、発言も当たり障りのないことを言ってくれるムードメーカー。時には“笑いの雰囲気”にできたり、みんなが楽しんでいるときにはこっそり“縁の下の力持ちタイプ”に変貌できる。

そんな女性は同性からも好かれる傾向が強いですよね。

マメで頼りになって、しかも空気も読めるのになぜか「恋愛」はご無沙汰。見た目にも気を付けているのに「何で?」って思われがちですよね。

実はマメで敏感な女性ほど“空気を読みすぎる”という傾向が。

例えば、合コンにせっかく行っても、場の空気ばかり意識してしまって“友達のサポート”ばかりになっている。

他には、男性の顔を伺いすぎて“積極的になれない”なんて人もいるんです。

敏感な女性のマメさや真面目さ、場の空気を読めるところは恋愛向きだと言われるものの、敏感すぎる女性はなかなか男性に対しても「本音」を出せないのがウィークポイントだったりするんです。

 

◆鈍感なのになぜ!? 鈍感女子が男性からモテる理由

恋愛 鈍感 敏感

いつもニコニコしていて愛嬌抜群。ちょっと抜けているところもあって、しかも忘れっぽい。

神経質な男性ほど「こいつ……鈍感だよな」なんてため息をつきそうなものの、意外にそうではないのが恋愛の面白いところですよね。

例えば、“忘れっぽい”というのも一つの特技。

カップルで喧嘩した後、敏感でナイーブな女性ほど喧嘩した後“引きずる”なんてことが多いんです。

一緒にいる彼氏からすれば、彼女がいつまでも“イライラ”しているとあまりいい気はしませんよね。

逆に鈍感女子は、喧嘩した後もすぐに忘れちゃうので男性も後腐れなく女性と接することができるんです。

確かに、鈍感女子は「言ったのに忘れる」「話を聞いているようで聞いていない」「無愛想な雰囲気」だと思われがち。

ただもし男性側が「敏感なタイプ」の場合、鈍感な女性の方が「クッション材」になって神経質な部分を吸収してくれるのも、「男女」の面白いところですよね。

 

まとめ

他にも鈍感女子には恋愛でいいことだらけ? 天然だと思われて、意外な“女子らしさ”を感じる男性もいるかも。

もちろん、あまりに異性に対して無頓着すぎるのはNG。自分なりに、パートナーの意図を汲み取るという姿勢は大事ですよね。

とは言え、最近人気急上昇(?)の鈍感女子だけに、あまりに周囲に敏感でナイーブな女性ほど“鈍感さ”を見習ったほうがいいかもしれませんよ。

恋愛 鈍感 敏感

気になったらシェア♪