冷え性解消 意外とできていない簡単な対策は「首と内臓」

冷え性解消

寒い冬が続きますね。こうも寒いと、家やオフィス・学校にいても“寒すぎる”という状態で元気もなくなりがち。

手足も冷えて、何もする気がおきないという人も多いのではないでしょうか?

手軽にできる冷え性解消、意外とできていないのは「首」と「内蔵」を温めることなんです。

 



◆外出先や自宅で「首」は温まっている?冷え性解消に大事

冷え性解消

意外と「できていない」という人が多いのが、首を温めること。

冬とはいえど、首は露出したままの人のほうが多いですよね。特に、室内だとそうでは?

とは言え、冷え性解消にとっても大事なのが、“首を温める”ということ。自律神経をも左右しやすい首部分の冷えなので、きちんと対策はしておきたいですよね。

室内で着用していても不自然ではないネックウォーマーや、タートルネックの厚手のシャツがおすすめです。

首をきちんと温めることで、冷え性解消につながりやすいですよ。

 

◆内蔵を温める意識がある人が少ない!? 冷え性解消で

冷え性解消

きちんと内蔵を温めるには、日頃の生活で言えば「食生活」や「運動習慣」、「入浴」がとっても大事。

特に、食事では「生姜」や「温野菜」を食べることが冷え性解消にもつながりますし、運動習慣をつけることで腸自体が元気になることが多いんです。

また、入浴は40度前後のお湯で「じっくり・ゆっくり温まる」という習慣はついていますか?

体の冷えは、こうした日頃の習慣で「内蔵を温める」ということが大切なんです。

お勧めなのは、やはり生姜湯。体の芯からポカポカしてきますよね。

また、女性は家でも外でも着用することがあまりない「腹巻き」もかなりおすすめなんです。

「寒い、寒い」と震えている女性ほど、内蔵が冷えっぱなしであることが多いですよ。

きちんと「内蔵を温める」ということを意識して、「冷え性解消」に取り組んでみてくださいね。

 

まとめ

手足の冷えばかりに意識が行きがちなものの、体の芯から冷えやすいといえば「首」や「内蔵」を温めきれていない人に多いんです。

日ごろからの「食生活」「睡眠習慣」「入浴習慣」はもちろんなものの、首や内蔵を温めるという意識を常日頃から持っている人は少なめでは?

普段意識しないからこそ、首や内蔵は温めるだけ「冷え性解消」の対策につながりやすいんです。

寒い冬だからこそ、手足意外の部分の冷え性対策もきちんと行い、寒い冬を乗り切りましょう。

 

※本記事は「薬機法(薬事法)」に留意した記事内容です。

※本記事は、心療内科医師および整形外科医師のアドバイザーによる執筆内容です

冷え性解消

気になったらシェア♪