欅坂46 平手友理奈や鈴本美愉らが紅白で過呼吸・痙攣

欅坂46 紅白 過呼吸

「不協和音」でのパフォーマンスが印象的だったのが、紅白歌合戦での欅坂46。

ただ、その高いパフォーマンスと同時に“心配の声”が上がったのが、メンバー3人の体調不良なんです。

特に、センターの平手友理奈さんはコラボした内村光良さんに心配されたり、鈴本美愉さんに至ってはフォーメーションを作った後に倒れるなど、過呼吸や痙攣での体調不良に「大丈夫?」と心配の声に包まれていますよね。

 

 

◆欅坂46メンバー 過労と緊張で「過呼吸」か…平手友理奈が痙攣を見せる姿も

ステージで内村光良さんに心配される場面もあったのが、「不協和音」でもセンターを務める平手友理奈さん。

特に圧倒的パフォーマンスを務める「センター」としては、二回も不協和音のパフォーマンスを見せるのはかなりの体力を要するんです。

内村光良さんの「大丈夫?」の声には微かに反応していたものの、パフォーマンス後には「過呼吸&痙攣」の姿を見せた平手友理奈さんに対しても、多くの心配の声がネットでありますよね。

 

◆鈴本美愉も過呼吸か…緊張と過度のパフォーマンスの功罪

欅坂46 紅白 過呼吸

過呼吸でステージ上で倒れてしまったのが、すずもんこと鈴本美愉さん。

過呼吸は“極度の緊張”や“心肺機能の限界”がきたときなどに起こるもの。

平手友理奈さんもかなりの激動ぶりを見せたものの、他のメンバーも「不協和音」のパフォーマンスではかなりの体力を要してしまったんです。

「てちとすずもん、本当に大丈夫?」という声であふれるSNS上。

年末年始といえば、人気急上昇の欅坂46にとっては「不協和音」のパフォーマンスを度々続けるのにも、かなりの気力や体力が削られているのかもしれませんね。

 

まとめ

軽い過呼吸と痙攣と報じられ、ひとまず看護師に処置をしてもらった平手友理奈さんや鈴本美愉さんたち。

過度の緊張もそうですが、「不協和音」を二曲パフォーマンス見せるというのはかなり大変そう。

年末年始の「過労シーズン」で体力も気力もツライところでしょうが、まずは体調を優先してほしいですよね。

長濱ねる 写真集の水着が高評価!彼女感がすごい

2017.12.10
欅坂46 紅白 過呼吸

気になったらシェア♪