初詣 お参りの仕方で「女子力」が問われる!正しい参拝を

初詣 お参りの仕方

年末年始といえば「初詣デート」を考えているカップルも多いのでは?

のんびりした年末年始とはいえど、その雰囲気が「二人の癒やし」になることも多いですよね。

せっかくの「初詣」。正しいお参りの仕方で、女子力の高さをカレに見せつけることも大事なんです。

正しい参拝の仕方、簡単におさらいしておきませんか?

 



◆口すすぎは大事!初詣 お参りの前に体を清める

初詣 お参りの仕方 口すすぎ
By:http://wpblog.windym.net

手水舎(ちょうずや・てみずや)では「手だけ清める」という人が多いですよね。

「そもそも、誰が使った柄杓かも分からないし、口に入れたくない!」という潔癖の人も多いですが、初詣のお参りの仕方で“かなり重要”なのが「口すすぎ」なんです。

日頃、ドロドロに汚れた心身を清めるためには、「口すすぎ」も大事ですよ。

  1. 手水舎の前で軽く一礼
  2. 柄杓は右手から持つ→左手に水をかける
  3. 左手に柄杓→右手に水をかける
  4. また右手に柄杓を持ち水をすくって、左手に水を溜める
  5. 左手に溜まった水を口に含む(柄杓からの直接な水移しはNG)
  6. 水を吐くときは、左手で口元を隠す
  7. 右手で柄杓を持ち、左手を洗うように清める
  8. 柄杓の「柄の部分」をきれいにするために柄杓を立てる
  9. 水を残さず、元の場所に戻す

「意外と、正しい“口すすぎ”を知らない」という人は多いですよね。

 

◆お賽銭はいくらが正しい?「5円」が正しいとは限らない!?

初詣 お参りの仕方 お賽銭
By:https://yukinko10.com

初詣のお参りの仕方で大事なのが「お賽銭の金額」を知ることという考えもありますよね。

最もいけないのが「10円」=「遠い縁」と言われていますが、「5円」=「ご縁」というのも正しいとも限らないんです。

もっともセオリーな「5円」のお賽銭としては……

 5円(ご縁)、11円(いい縁)、20円(二重に縁)、25円(二重にご縁)、41円(始終いい縁)、45円(始終ご縁)。

Ref:NEWSポストセブン

5円に絡めたお賽銭が多い人もいますよね。

ただ、「神社参拝」では「3・6・9」の数字が“天の数”と言われることも。例えば、300円や600円、330円といったお賽銭の金額がいいと言われる説もあるんです。

諸説あるものの、「5円」や「穴あき硬貨」が良いと言われていて、「10円だけはNG」というのは有名ですよね。

 

◆正しいお参りの仕方でカレもキュン!? 正しい参拝で清らかな新年を

初詣デート

初詣は「新年のスタート」のいいきっかけにしたいですよね。

本堂に行けば、「どう“正しいお参りのの仕方”をすればいいか分からない」と思いがち。正しい参拝を知っておきましょう!

  1. 一礼して拝殿(はいでん)
  2. 浅めのお辞儀をしてお賽銭を投げる
  3. 鈴を優しく鳴らす
  4. 二礼→二回手を叩く→一礼
  5. 祈願
年末年始 過ごし方

「拝殿の方法は知っている」という人も、様になっている女性は“品がある”と思われやすいですよね。

 

まとめ

せっかくので「初詣デート」。正しいお参りの仕方を知っておいて、女子力の高さや教養の高さを見せつけてみては?

男性はなんだかんだと言っても、「品がある女性」を好きだという人は多いんです。

日頃、あまりそういう雰囲気がなくても「ギャップ効果」でより“燃える新年”にしてくださいね。

初詣 お参りの仕方

気になったらシェア♪