ゴールデンボンバー Mステ生演奏に「ヤバすぎる」の声

ゴールデンボンバー 生演奏 Mステ

人気バンドのゴールデンボンバーといえば、鬼龍院翔さんのボーカル以外は周知の通りの「エアバンド」。

どんなオファーでも体を張ってきたゴールデンボンバーなものの、今回のMステの生演奏オファーにはかなり葛藤があったんです。

そんなゴールデンボンバーの「生演奏」には、想像以上の「ヤバイ展開」になりましたよね。

 



◆ゴールデンボンバー エアバンドとしての宿命?初の生演奏に猛練習

ダルビッシュさん中心に、人気のエアバンド組がゴールデンボンバーの良さですよね。

ライブでのパフォーマンスはファン以外にも好評で、ライブ総動員数は凄まじいもの。ライブのチケットがなかなか取れないという状態でもあるんです。

そんなゴールデンボンバーの良さ「パフォーマンス」を除いて(?)挑んだのが、ミュージックステーションでの生演奏なんです。

本番までに“猛練習”を重ねたゴールデンボンバー。その「生演奏」には、驚愕の結果になってしまいましたよね。

 

◆ゴールデンボンバー 生演奏は今後NG!? Mステでの生演奏の凄まじさに

ゴールデンボンバー 生演奏 Mステ

「生演奏中」の文字とともに始まった、伝説の序章。ゴールデンボンバーの“生演奏”は、今回が生放送初なんです。

結果は言わずもがな。

期待されていた“猛練習”の成果は、結果的に「パフォーマンス」で終わってしまった結果に。

キレキレのベース具合……に……

ガチの「ドラムさばき」を演じたダルビッシュさんも、思わず“苦笑い”。

観客が“パフォーマンス”として耳をふさぐほどの音程の狂いは、まさに「伝説」へ。

放送前の意気揚々さすら、パフォーマンスのゴールデンボンバーの今後も「パフォーマー」として演じられることは間違いなさそうですよね。

 

まとめ

Mステで「伝説の生演奏デビュー」をしてしまったゴールデンボンバー皆さん。

きっと、これからもライブで求められるのが「エアバンド」であることは、今後も変わらなそうですね。

ゴールデンボンバーのエアバンド人気は、今後もしばらく続きそうです。

※キャプチャは『テレビ朝日|ミュージックステーション』放送から

ゴールデンボンバー 生演奏 Mステ

気になったらシェア♪