昼寝は太る?ダイエットの敵は「昼寝のしすぎ」

昼寝 太る

ダイエットをしている女性の中には「最近、ダイエットが停滞気味で悩んでいる」という人もいますよね。

運動はしている、少しだけカロリー計算している、おやつは減らしている……なのに、痩せない!

その理由には、“昼寝のしすぎ”というケースも多いんです。

 

 

◆ほどほどの昼寝は健康に良くても?「昼寝のしすぎ」で肥満まっしぐら

昼寝 太る

10~30分の短時間の昼寝は、脳が活発になり健康にもいいと言われますよね。

ただ、要注意なのが「昼寝のしすぎ」な人たち。

専業主婦に多い昼寝までのタイムスケジュールが問題。

  1. 朝、ご飯を作る
  2. 家族を送り出す
  3. 洗濯&掃除
  4. TVを視聴しながら休憩
  5. 昼食
  6. 昼寝

「食後、眠ると太りやすい」と言われますよね。

専業主婦の場合、人によっては時間が余って一時間以上も昼寝をしてしまう人も。

それに、多くの人が「昼食後の昼寝」をしてしまいますよね。

これは、食事をすると“胃腸が活発”になり血液が胃腸に集まり、脳がボーっとするからなんです。

ほどほどの短時間昼寝はいいものの、寝すぎ主婦にとっては「太る原因」にもなってしまいますよ。

 

◆理想的な「太らない昼寝の時間」は何分か

昼寝 太る

昼寝のしすぎは太るものの、ほどほどの睡眠なら体調にも脳にも◎。

では、何分ぐらいが理想か気になりますよね。

個人差があるものの、短時間の15分~25分の間がダイエットにとっては理想なんです。

消化吸収の際に昼寝していると、そのまま食事がうまく代謝されずに脂肪になってしまいがち。

なので、あまりに眠い状況でも「短時間」での昼寝を終えることを意識してみてはいかがですか?

 

◆布団に入るのはNG!椅子に座ったままの昼寝でダイエットを

昼寝 太る

昼寝のしすぎはNGで、昼寝しすぎてしまうという人は「布団の中」で昼寝していませんか?

できれば、家でも出先でも「座ったままの昼寝」がダイエットにはいいんです。

どうしても横になると、消化吸収がうまくいかない体勢に。できれば寝そべるのであれば、右向きにがいいと言われるものの、理想は座ったままの仮眠。

仮眠するかのように昼寝をすることで、深く眠ることもなく脳がスッキリ!

ダイエットをしっかり考えている女性は、あまりゴロゴロしないということも大切なのでしょう。

 

まとめ

昼寝=太るというのは間違い。短時間であれば、リフレッシュ効果もあるのでおすすめです。

ただし、昼寝のしすぎは太る原因にもなるの要注意。

  • 15分~25分の昼寝
  • 寝る前にカフェインを摂取もおすすめ
  • 座ったまま昼寝

昼寝のしすぎで太ることはあっても、短時間ならおすすめ。ダイエットのことも考えて、できれば昼寝のしすぎは避けるようにしてみてくださいね。

昼寝 太る

気になったらシェア♪